▲Home > FF14
FINAL FANTASY XIV

FF14 紅蓮のリベレーター 最新情報

フィールド
グラフィック
サーバー
UI
コミュニティ
コンテンツ
開発
過去記事
旧FF14

ジャンル
MMORPG
対応機種
PS3 / PS4 / PC
サービス開始日
2013年8月27日
利用料金
定額制+α
CERO審査
C (15歳以上対象)
開発
スクエニ第5BD
開発人数
250名以上
登録アカウント数
600万
プロデューサー/ディレクター
吉田 直樹
アシスタントディレクター
井 浩
権代 光俊
技術ディレクター
春日 秀之
リードプランナー
河本 伸昭
リードデザイナー
鈴木 健夫
UIアーティスト
皆川 裕史



パッケージ
機種
発売日
PS3/PC
2013/08/27
PS4
2014/04/14
PS3/PS4/PC
2015/06/23
PS4/PC
2017/06/20

| 公式サイト | フォーラム | Blog/Twitter | 体験版 | ベンチマーク |

グラフィックス
フィールド
サーバー
UI
コミュニティ
コンテンツ
開発 / 旧14
過去NEWS

| 概要 | パッチ/拡張版 | 実装予定項目 | PS4版 | 利用料金 | 関連商品 | リンク |

最新情報(2017/01/16)

概要

特長
世界の再構築(MAP全変更)
グラフィックスエンジン新生
新設計サーバー運用
ユーザーインターフェース全リニューアル
プレイヤーコミュニティシステム大幅拡充
歴代FFシリーズの要素を、最新のグラフィックスとFF14の世界観で再現

開発
・250名を超えるプロジェクト規模
・プロデューサー&ディレクターは吉田直樹
・バトル関連は権代氏、生産や経済は河本氏が統括

対応機種
PS4PC(Windows/Mac)のクロスプラットフォーム
・PS3版は2017年初夏にサービス終了
・Xboxで発売されないのはマイクロソフト側の問題
・PS4Proでの高画質化には未対応

ユーザー数/セールス
登録アカウント数:600万以上(2016年7月)


■無料体験版 / ベンチマーク / スマホアプリ

フリートライアル(PS4/PS3/Windows)
・14日間無料&製品版に引き継ぎ可

蒼天のイシュガルド ベンチマーク (Windows)
DirectX11対応
・アルゴリズム変更(フレームレートだけではなくPC全体を包括的に計測)

ライブラエオルゼア:iOS版 / Android版
エオルゼアデータベース収録(オフラインでも利用可)
・自分やフレンド、カンパニーメンバーなどの各種情報が確認可能
・新アプリが3.0と同時期にリリース予定だったが延期、4.0までにリリース
 ・リテイナー&マーケットにも有料で対応、チャット機能は負荷の問題で中止

パッチ

パッチ2.1 (2013/12/17) 特設サイト / 2.15 / 2.16
パッチ2.2 (2014/03/27) 特設サイト / 2.21 / 2.25 / 2.28
パッチ2.3 (2014/07/08) 特設サイト / 2.35 / 2.38
パッチ2.4 (2014/10/28) 特設サイト / 2.41 / 2.45
パッチ2.5 (2015/01/20) 特設サイト / 2.51 / 2.55 / 2.56 / 2.57
パッチ3.0 (2015/06/19) 特設サイト / 3.01 / 3.05 / 3.07
パッチ3.1 (2015/11/10) 特設サイト / 3.15
パッチ3.2 (2016/02/23) 特設サイト / 3.21 / 3.22 / 3.25 / 3.26
パッチ3.3 (2016/06/07) 特設サイト / 3.35 / 3.38
パッチ3.4 (2016/09/27) 特設サイト / 3.41 / 3.45
パッチ3.5 (2017/01/17) 特設サイト


■パッチ3.55

公開日:2017年2月

アニマウェポン:最終段階
・これまでで最も派手なエフェクトに
・既存クエストの緩和


■パッチ3.5 Part.2

公開日:2017年3月

雲海探索ディアム諸島(3.3から延期)
・新エリアではなく前回のディアム諸島をリニューアル(旧称:雲海探索2)
・マップ自体は大きな変化は無し(行ける場所や行けない場所などに違いは有り)
・以前は自由なコンテンツだったが、今後は任務が明確に指定
・戦闘職とギャザラーの入口を明確に分離(狩猟/探索)
・探索任務を達成していくことで、装備を入手
・ギャザラーは採集を行っていくと探索任務が達成されていく
・ギャザラーは途中で戦闘職に変えることも可能(戦闘職からギャザラーへのチェンジは不可)
・諸島中央には4パーティ必須のボスバトルが発生することも
・最初からフライングマウント使用可能
・既存のアチーブメントはリニューアル後も獲得可能

お得意様開拓コンテンツ「シロ・アリアポー編」
・クラフター、ギャザラー向けのコンテンツ
・蒐集品の採集・製作依頼をこなしてNPCの信頼度を上げていく

バージョン4.0

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

発売日:2017年6月20日
対応機種:PS4 / PC(Windows/Mac)

拡張パッケージ第2弾
舞台はアラミゴ
ストーリーのテーマは “開放”
複数の新ジョブが追加
レベルキャップ開放
水中アクション実装

プレイ条件
蒼天同様、これまでの全シナリオクリアが必須
ジャンピングポーションの販売を検討
・レベルを1から50に引き上げるアイテム(2,500円)
・既存のシナリオをクリア済みにするアイテム(2,500円)

メインストーリー
・アラミゴの奪還でガレマール帝国と戦う
・二十年に及ぶ帝国の圧政からアラミゴを開放
・蒼天のような“仲間と共に旅をしていく”展開に
・3.0のキージョブは竜騎士だったが、4.0はモンクがその一つ
・前回同様、3.xシリーズから継続したストーリー
・暁の重要キャラが引き続き活躍
・今回の敵となるゼノスは、ガイウスとは異なり誰も同調できないタイプの悪役
・プレイヤーのジョブによって選択肢が変化することも

新たな拠点
・解放軍の隠れ里である“ラールガーズリーチ”

新たなジョブ
・複数の新ジョブが追加
・初期レベル50、対応クラス無し
・新たなロールの追加は無し

赤魔道士
ロール:DPS(遠隔魔法 DPS)
武器:レイピア+魔法のクリスタル(合わせて1つの武器
・魔法による遠隔攻撃と武器による近接攻撃
・敵との距離を遠近素早く移動しながら戦う
・従来のFFとは異なる、FF14ならではの新解釈の赤魔道士に

レベルキャップ開放(70)
・これまで同様、1ジョブ目はメインクエストの過程で上限に到達

バトルシステムの変更
・ジョブ全体の操作難易度を引き下げ(スキル回しの簡略化)
・アディショナルスキルのシステム変更
 ・ロール共通のアクションを実装、そこから選択する形に
・効果小、用途限定的なスキルの全面見直し
・ジョブ専用のUIを実装、バフが視覚的に把握し易いように
 ・これまで同様、デバフは見る必要があり、DoT管理も必要
・レベル70時点のアクション総数は、レベル60時点の総数と同じ程度に
・命中や受け流しの仕様を変更or廃止

多数の新ダンジョン
・新しいコンセプトのもとで製作中

新たな蛮族
アナンタ族ラミアのFF14での名称、女性のみで構成

新たな蛮神
美神ラクシュミ(イメージ
蒼天同様、FF14オリジナルの蛮神も登場

高難易度レイド:次元の狭間オメガ(イメージ
・天動編レベルの難易度になるとは限らない
 ・操作難易度が下がるので、コンテンツ側は逆に上げる可能性も
更なる高難易度のコンテンツも検討

アライアンスレイド:リターン トゥ イヴァリース (パッチ4.1)
・クリスタルタワー、シャドウオブマハに続く新たな24人用レイド
イヴァリース(FFT/FF12)関連
・シナリオは松野泰己氏、ボスイラストは雨宮慶太

新規フィールド
・エリア数や広さは蒼天エリアと同等
・地域毎に変化に富んだマップに
・フライングマウント対応(風脈集めが必要)
・新エリアは飛行だけでなく水泳&潜水も可能

泳ぎ
・泳げる場所と泳げない場所がある
・泳ぎ可能な場所に侵入すると自動で泳ぐ
・泳ぎ中は移動速度が低下(通常移動は平泳ぎ、スプリントはクロール
・フライングマウントでも水面移動や潜水が可能
・泳ぎや潜水中のバトル要素は無し
・新生(2.x)エリアにもコスタなど泳げる場所が一部存在(潜水は不可)

潜水
・4.xエリアのみ対応
・特定のクエストクリアで可能に
・泳ぎからシームレスで潜水に
・漁師は新しい採集活動が可能に

禁断の地エウレカ
・雲海探索シリーズとは異なる、新しい探索エリア
・時間が掛かる上に徒労に終わる可能性もあるコンテンツ
・72時間に1回しか出現しないNMなども存在?
・ZWやAWに続く新たな武器強化コンテンツでも使用
・クリタワのような懐かしさを覚えるコンテンツではない(14ならではのエウレカに)

多数の新装備/新クラフト
・蒼天同様、アイテムレベルは大幅に上昇
・幾つかのジョブ装備は、男女のデザインを明確に分離
 ・白魔などはこれまで女性をイメージしすぎていたため

所持品容量の大幅増加
・アーマリーチェスト&カバンの容量が増加
・サーバー安定のため2段階に分けて実施する可能性も
・リテイナーのアイテム枠が増えるかは不確定

第4のハウジングエリア
・メインストーリーに関わる場所

グラフィック
・蒼天の雰囲気を踏襲しつつ、新たな表現を模索
・エリア毎の感覚の違い、一段上のファンタジーらしさを目指して製作
・4.0のタイミングで何かしらの4K対応(PS4Pro)を検討

新たなPvPコンテンツ
・巨大な兵器を駆使して戦うような遊びに
・敷居の高さを根本から変えていく予定

その他
・メインテーマは植松氏が作曲

対応機種
Windows版は必要動作環境が変更(引き上げ)
・64bitOS推奨
PS3版サービス終了
・4.0だけが対応しないのではなく、PS3版のサービスは全て終了
 ・4.0のタイミングでPS3版は起動しなくなる
PS4版への無料移行キャンペーンを再度実施

コレクターズエディション
・天野氏イラストBOX
・「ゼノス」フィギュア
・ビジュアルアートブック
・布製エオルゼア全図
・ロゴステッカー
アイテムコード:シルドラマウント/バッツミニオン/赤魔武器

その他
・2016年10月の北米ファンフェスで初公開
・3.0に引き続き新情報を3度に渡り有料配信(各3000円)
・予約開始は2017年1月24日
・本作がFF30周年記念タイトルの第1弾になる予定
・全てのコンテンツが4.0と同時に公開されるわけではない(24人レイドなどは4.1)
・パッチ4.1は通常の間隔でリリース(3.1の時のようにはならない)

特設サイト
プレスリリース
スクリーンショット
壁紙配布
インタビュー:ファミ通 / 電撃 / GW

実装予定項目(実装時期未定)

アップデート方針
・約1ヶ月毎に中規模パッチ、3ヶ月半毎に大規模パッチ、1年半毎に拡張パッケージをリリース
・1パッチ(大規模)毎に、IDx2、討滅戦x1、レイドx1が追加
・偶数パッチ毎にアイテムレベル上限解放(装備更新)
・今後も定型パターンによるコンテンツ実装方式は継続(常に2年以上先までの計画が決定済み)
・3.x以降は雲海探索やディープダンジョンもシリーズ化(4.xでも継続)


グラフィックス

・PS4版の開発に伴いPC版も64bitネイティブ対応へ
・今後もハードの進化に伴い下限はそのままに上限を上げていく予定(常に世界最先端のグラフィックスを維持)
・DirectX12は対応予定なし(対応するメリットがないため)


■キャラクター

美容室拡張
・新たな髪型がパッチ毎に追加(特定の種族に追加後、次のパッチで全種族に開放)
・新要素追加(お気に入りの登録や試着機能など)
・眼の色や肌の色が変更可能に(2.1から延期)

エモート
・ウィンクのエモートが追加


■ストーリー

惑星ハイデリンの謎
・プレイヤーの冒険の舞台である「エオルゼア」は、惑星ハイデリンの大陸の一つ
・惑星ハイデリンは意識と意思を持っていて、その結晶がマザークリスタルと呼ばれる存在に集約
・プレイヤーは冒険者として、そのマザークリスタルに導かれて謎と脅威に立ち向かっていく
・ハイデリンの意識と、ハイデリン全体に何が起こっているのかというのが大きなストーリーに
・拡張パック後も続く、FF14根幹のストーリー

その他
・エスティニアンは今後のストーリーで再登場


フリーカンパニー(FC)

同盟(2.2以降)
・フリーカンパニー同士で同盟を組むことが可能(最大8)
・同盟専用のチャットチャンネルや互いのメンバーリストを参照できる機能などが追加

・雲海探索で対応に変更(他のFCと共に探索したり、外部のPCに傭兵として一時的に所属して貰う等の機能に)

大召喚(蛮神召喚システム)
・新生14発表と当時に公開されていた要素だが大幅延期、3.xシリーズの中で実装予定 再び実装時期未定に
蛮神を討伐したフリーカンパニーが召喚権利を取得
召喚の権利は約2週間、その間に皆で召喚ゲージを溜める必要がある(色々なコンテンツをプレイすることで溜まる)
・ワールド内で特定の人だけが一定期間召喚可能に
・通常IDなど何らかのコンテンツをプレイ中、偶然遭遇した召喚獣を倒すことで権利を取得
・大召喚はエンドコンテンツのボスを簡単に倒せるほどの強さ
・誰かが大召喚を行うとワールド内の天候が一定時間その召喚獣に対応した天候に変化

フリーカンパニークラフト
・船の製作が可能に
・個人で製作&所有できるようにする予定は無し
・アイテムの一部を1人でも制作可能に

その他
・フリーカンパニーランク開放
 ・開放に伴いカンパニーチェスト拡張
・フリーカンパニーで行う攻略手帳のようなコンテンツが追加
・カンパニークレジットの獲得手段が増加


ハウジング

・装備品を飾れるように(2.2から延期)
・引っ越しや家の建て直しが可能に(2.2から延期)
 ・地下工房の状態も引き継ぎ可能(検討)
・一言を伝言板のように残すことができる機能を追加(2.2から延期)
・屋根に登るための庭具が追加(検討)
・拡張区の不便さを解消
・家具の設置可能数が増加
・アパルトメントは1棟512部屋まで拡張可能

ハウジングエリア
イシュガルドにハウジングエリアを追加(3.xシリーズ中) 延期or中止
 ・4.0で実装されるのが“第4”のハウジングエリア

調度品
・実施される季節イベントにリンクした調度品を順次実装
・和風の調度品が多数追加、ヤカンが追加
・ミニオンを活用できる家具が追加(検討)
・コンテンツ情報一覧のハウジング欄にエーテリアルホイールの残りチャージ時間を表示(検討)
・一部の入手難易度が高い調度品は撤去しても消滅しないように(検討)

栽培
・メンテナンス中に作物が枯れてしまう問題への対策(検討)
植木鉢:鉢植えでの栽培が可能に

オーケストリオン
・パッチ毎に20〜30曲が追加
音質の改善(抜本的な改修となるため時間がかかる見込み)


■クラス/ジョブ

・(タンク専用マウントのように)特定のジョブを続けている人への“希少価値を持った報酬”を用意
・モンクは素手(拳)でも戦えるように(検討)
・リミットブレイク:レベル1&2も各ジョブ毎のオリジナルに変更
・フィジカルボーナスの廃止
・クラスとジョブの統合はコストがかかるので、やるとしても5.0以降

エギの外見変更
・新たな外見が順次追加(ラムウ、セフィロトなど)
・ラムウエギはキャスターエギにしかコピーできないなどの制限有り


■バトル全般

バトルコンテンツ開発担当一覧表

・極タイタンやツインタニアなど一部のコンテンツの即死ギミックを緩和
・(旧14のような)立体的な(高低差のある)バトルフィールドは実装予定無し(バランス調整の問題)
空中戦は専用コンテンツかイベントで実施 現在は予定無し
・“受け流し”の仕様変更(3.4 or 4.0)


PvP

・「公式大会」開催
PvP抜刀時のホットバーのセットカスタマイズが可能に
PvPアクションの設定を各ジョブ毎に保存 コストと時間を要する為、現状の対応策としてスムーズな振り直しを可能にする方向で検討
・初期構想の攻城戦もいずれは実装される可能性も

PvPフリートライアル
・PvPを遊ぶためだけのアカウントで、レベル60のキャラで“ザ・フィースト”のみをプレイ

ウルヴズジェイル
・FCポイント&クレジットが貯まるように
・ザ・フィーストに新マップが追加

フロントライン
・(制圧戦&殲滅戦の)各国の開始地点をランダムに(検討)
・今後の新コンテンツはシールロック系の路線を継続


■グランドカンパニー(GC)

・CFで参加できるコンテンツでもカンパニークレジットが入手可能に(2.4から延期)

NPC育成
・小隊の中から3人を選んでIDに行けるように(連れていけるIDは限られる)


■モンスター

・過去のFFシリーズからも多数のモンスターが登場
・超巨大なモンスターも登場(動画(後方に巨大な亀))
・いずれはFFシリーズお馴染みの「オメガ」が登場

モンスター図鑑(仮):コレクション要素


■ギルドリーヴ

・傭兵稼業とGCリーヴにアーマリーボーナス(2クラス目以降で経験値ボーナス)が付与


■クエスト

サブクエスト
・2クラス目以降のレベル上げに便利なクエストが追加

蛮族デイリークエスト
・報酬にマウントの色違いなどが追加


■フィールド

・新たなF.A.T.E.が追加
・自動レベルシンクがオプション設定で可能に
・ジャーナルへの記録(達成状況など)は予定無し(セーブデータ容量の都合上)
・ベヒーモスやオーディンの上位版が登場
・3.0エリアのF.A.T.E.の調整(経験値UP&難易度低下など)
・アチーブメント有りのF.A.T.E.の難易度調整(検討)

モブハント
・新たなリスキーモブが追加


インスタンスダンジョン(ID)

・1パッチ毎に2ダンジョン(新規x1&ハードx1)が追加
・バディの参加が可能に
・タイムアタック要素が追加、ランキングも発表
・8人IDなども検討
・ID開始時にアクションのクールタイムをリセットする予定は無し
・旧14から引き継がれたダンジョンは構造上の問題でハードモードは無し(トトラク、カッター、ゼーメル、オーラム)

ディープダンジョン
・第1弾の「死者の迷宮」に続き、第2弾以降が定期的に追加


■討滅戦

・1パッチ毎に必ず1バトル追加

プロトアルテマウェポン討滅戦
・ファンフェス2016-2017に出展された24人参加型の討滅戦
・パッチでも実装予定(難易度は引き上げ)


拡張型レイド / エンドコンテンツ

・メジャーアップデート毎に8人用レイドと24人用レイドを交互に拡張
レイドに練習モードが追加(最新のレイドは練習不可) レイドファインダーのオプションで対応済み?

24人用レイド
・クリスタルタワーは少人数でも挑戦可能に
・クリスタルタワー「禁断の地エウレカ」は実装中止(今後、別のコンテンツで実装予定)
・高難易度版は単体ボス戦などの形を検討
・24人以上のレイドは不可能

8人用レイド
・ノーマルと零式の2仕様は4.0でも継続

更なる高難易度コンテンツ(検討)
・アレキ零式を上回る難易度(チャレンジコンテンツ)
・挑戦権を与えられるのは“全ての条件を突破したパーティのみ”


アイテム/装備関連

アイテムレベル
・偶数パッチで上限解放(復帰しやすいゲームにするため一定期間で最強装備をリセット)
・3.2以降はトークン交換品やAWよりもレイド報酬が強くなるように設定

新装備
・丈の長い浴衣が追加(検討) 2015年以降に延期
・FF11や旧14のような個性的な性能(特定アクションの効果アップなど)を持つ装備は、バランス調整の障害となるので慎重に検討
 ・将来的に可能性がないわけではないが、今すぐにやる予定は無し
・バニー装備が男キャラも着用可能に
・両手剣仕様の斬鉄剣(検討)
・猫耳装備が追加
・アニマウェポンの武具投影用レプリカ(検討)

マテリア
・更なるマテリアクラフトの仕組みを検討
・属性マテリアに新たな使い道を用意

染色
・ID装備は染色不可で、同じグラフィクの染色可能装備を製作アイテムとして追加
・新規に追加される装備(一部)は固定カラー、次のパッチで染色可能という流れに
・武器や盾の色が変更可能に

愛蔵品キャビネット
・収納は他に入手手段がないアイテム限定(ID装備やトークン装備は対応予定無し)

トークン交換装備
・高難易度レイド装備との格差(性能差)は今後も継続
・強化に高難易度レイドのドロップアイテムが必要な仕様も継続

武器防具全書(2.4から延期)
・コンプリートすると、その武器防具の由来が読める

その他
・カスタム装備(レベル5のクラスクエスト報酬)がNPC遺失物管理人からも入手可能に(2.3以降)
盾のみの非表示が可能に 中止(小さな目立たない盾は検討)


■製作・採集・釣り

製作
・分解スキルのロック(検討)
・クラスターを割ってクリスタル10個、クリスタルを割ってシャード10個になるような仕組みを検討
・マイスター専用アクションの強化、マイスター専用レシピが実装
・スキル回しの練習などが可能に(検討)

採集
・採集手帳を釣り手帳と同様の記載方法に(発見済みの採集場所が表示されるように)(検討)
・採掘師、園芸師のモチベーションが高まるような仕組みを検討(護符&伝承録を指していた可能性も)

釣り
・泳がせ釣り中は「警戒」されないように(2.3から延期)
・魚にグラフィックを用意する予定は無し

お得意様開拓コンテンツ
・新たな対象NPCが順次追加
・将来的には「おしゃれ系」コンテンツとして発展
 ・特定のNPCをドレスアップしてあげたり、自分のおしゃれ度を測ってもらったりなど


■マウント・バディ・ミニオン

マウント
・チョコボや魔導アーマーで遊ぶコンテンツが実装
 ・専用騎乗戦コンテンツや仲間とのシェアなど
・既存マウントの一部を順次フライングマウント化(浮いてるものを優先)
・フライングマウントの速度が更に上昇
・通常マウントの速度は上げる予定無し(コリジョンの読み込みが間に合わないため)
・フライング中に旋回した際にマウントが傾くように
・蛮族マウントのBGMを各蛮族拠点に変更(検討)
・騎乗システムのBGMをフロントライン(戦闘中)に変更(検討)
・一部マウントの特殊アクションを通常騎乗時でも使用可能に
新マウント:ダルメル(検討)

バディ
・チョコボ以外のバディも実装(大幅延期)
・蛮神装甲を順次実装

ミニオン
・新たなミニオンが随時追加
ミニオンだけは世界観を無視したものも登場(コラボ報酬などでも登場)
・メディアとのタイアップによるプレゼントや、グッズの特典としての配布も
・ミニオンを一定数所持していると獲得できるアチーブメントが追加(検討)

その他
ペットのワイバーンはこれから進んでいくストーリーの中で計画中
 ・ミドガルズオルムのミニオン、またはワイバーンのマウントを指していた可能性有り


■コンテンツファインダー(CF)

・クロスワールド時にワールド名を表記(検討)
・除名されたプレイヤーが同じPTに補充されないように(検討)
・トークンやルーレットのボーナスの翌日or翌週への持ち越しが可能に(検討)
・24人レイドのコンテンツルーレット
・DC内PT募集においてもブラックリスト、フレンドリストが使用可能に
・DCを超えたワールドレスなPT募集が可能に(検討)


■ゴールドソーサー

・新ゲームが随時追加

トリプルトライアド
・大型パッチ毎に最低20枚以上のカードが追加
FFポータルアプリとの連携
・CF対応(検討)
・現在の大会よりも格上の大会が開催(検討)

ロードオブヴァーミニオン
・観戦モードが追加
・対戦中以外でもHUDの変更が可能に(検討)
LoVMの調整方針について(11/20)


■リテイナー/マーケット

・リテイナーの取引履歴の公開が可能に(検討)
・保存する取引履歴の拡大(検討)
・スーパーリテイナー(仮):機能を追加したリテイナー
・ギアセットをリテイナーに預けることが可能に
・リテイナーの利便性が向上
・リテイナーに預けているアイテムを直接「武具投影」可能に(特定の場所でのみ可能)


■UI(ユーザーインターフェース)

アドオンUI
プレイヤーがカスタムUIを作成&利用可能(言語はFlashを予定)
PS3&PS4版は非対応(PC版と差がつかないよう、好評な機能は開発側で提供) PS側への実装は厳しい状態
・提供ツールは(サービスインから)半年後に公開予定だっがた大幅延期へ(発表から既に3年以上経過)
 ・基本システムは完成し現在はAPIを揃えている段階だが、法務確認に時間が掛かっている
  ・拡張ディスクの開発を優先するため中断(いずれ再開)
   ・DPSメーターの論議やPSユーザーとの格差などの問題により延期中
・アイコンやスキンの変更などの簡単な機能から実装する方針に

ホットバー
・PS3用のホットバー追加表示(検討)

インベントリ関連
・アイコン表示/リスト表示に両対応予定だったが、アイコン表示のみに変更
 ・リスト表示はPS3版は描画負荷の都合上難しいが、PC版は対応可能(検討)
・アーマリーチェストやカバン拡張は4.0のタイミングで実施
・せいとん時に同一のアイテムが自動でスタックするように
・買い物やロット時にもリテイナーの所持数を表示(検討)

アイテム関連
・アイテムのロック(保護)機能は開発コストが大きいので後回し

ログ関連
・ログ内の任意のキーワードに対して色が付く、効果音が鳴るなどの設定が可能に(2.2以降)
チャットモード切り替えのショートカットを持続的な切り替えも選択可能に(2.3から延期)
・他PCの釣り上げた魚の名前や大きさがログに表示(フィルター可)(2.4以降)

リテイナー関連
・リテイナーメニューの改修(2.3以降)
・出品リストのソート機能(検討)

ロット関連
・取得済みのマウントやミニオンにはロット不可に
・NEED/GREED/PASSをログに表示する予定は無し

その他
・テレポウィンドウ横にマップを表示(2.2以降)
・マップの利便性向上(常時表示など)
・装備試着機能の対応場面追加(戦利品など)
・開始したリーヴが更に分かりやすくなるように視認性を調整
・各種設定情報のサーバー保存が可能に
・LSの並び順が手動で変更可能に
・ネームプレートとチャットログのフォントが変更可能に(検討)
・アディショナルスキルの入れ替えがもっと手軽に行えるように(検討)
・同一アカウント内のアイテム移動は(RMT関連の)問題がないと判断できた際に開放予定
・称号は今後もアルファベット表記固定で、FF11のような日本語に対応する予定は無し
・戦闘BGMのOFFが可能に(戦闘に入ってもフィールドのBGMを維持)
マクロの個数拡張
・新型PS4コントローラ「CUH-ZCT2J」のPC対応
・使用したいエモートをよりスムーズに選択可能に(検討)


■サーバー

・メガサーバー設計への変更はほぼ不可能
・DCを超えたマッチングは技術的なハードルが高く困難

過疎対策
ワールド統合は「蒼天のイシュガルド」の発売後に検討 中止
・ワールド統合よりも人口差による弊害(PT募集など)を減らすのを優先
・過疎ワールドは経験値やギルにボーナスが付与(検討)


■その他

インゲーム図書館(仮):世界設定などが読める

・天候が絡む遊びを実装
・他ワールドと交流を持てるような機能を検討
・ベテランリワードはランク14で終了、今後は長期間タイプではない別の形式に


■拡張パッケージ(4.0以降)

3.0は空か海(水)のどちらかが予定されていた(海だった場合のコンテンツは海底神殿やレイドなど)
“月に行く”など複数の案の中から検討中(2015/06)
新生祭(2015年)の開発室にて吉田Pが「舞台は海か地底か月」「新ジョブは侍か赤魔道士」を検討中とコメント
・吉田Pによるとネタで書いただけとのこと
吉田Pによる2016年の4行詩に“海”や“月”のワードが多数
5.0は「何のために何処へ行き誰と戦うのか」は既に決定

新クラス/ジョブ
・赤魔道士、銃術士シーフ青魔道士、他
・クラスよりもジョブを増やす方針
銃術士は二丁拳銃を想定して作成中(2012年9月)
 ・仕様変更の上「機工士」として実装済み?(銃が使いたいという要望に答えたのが「機工士」とのこと)
・青魔道士はローンチ前に検討中とされていたが、ラーニングがFF14の仕様には合わないため未定に(全青魔法取得前提でバランスを取ることになるため)
・シーフは双剣士に名称変更&クラスとして実装済み
・新たなロールの追加が検討されていたが、当面は予定無しに変更

侍(サムライ)
・2012年9月のイベントで作成中であることが発表
・刀は“鞘”付き、正宗などの武器も実装
・「居合い抜き」が使用可能
・3.0でタンクとして実装予定だったが世界観に合わないため見送りに
・従来のFFシリーズのような甲冑を着た侍ではなく、着流しを着た浪人のイメージに(近接DPS?

新フィールド
・新生FF14は「名前が出た場所には行ける」がポリシー
・今後のフィールドはフライングマウント前提で設計
・いずれはガレマール帝国に乗り込むことになる予定(5.0以降 / 魔列車が登場する可能性も)

新種族:ドラゴン族ヴィエラなど(検討)
アンケートでトップだったヴィエラは、ミコッテと被る等の理由で中止
ドラゴン族は最終的にアウラ族として実装

船&飛空挺拡張:専用MAPを突発イベントなどのコンテンツと共に実装


■実装未定

・敵のAIはガンビット(FF12)で組まれており、コンテンツ限定でプレイヤーが使えるようになる可能性も
 ・チョコボや魔導アーマーの行動カスタマイズなど
・エリア内のモンスターを一時的にペットにする仕組みは実装済み(獣使いなどで開放?)
・4vs1の変則PvP(プレイヤー4人とモンスターを操作するプレイヤー1人が対戦)は3.0後に検討
・ゴールドソーサーにFF7のミニゲーム「スノーボード」の実装を検討
・将来的にはタイトルからナンバリングを外し『ファイナルファンタジーオンライン』に改称することも検討
将来的には既存エリアの上空も飛べるようになる可能性も(新エリアの追加を優先する方針) 予定無し
・和風の舞台(世界観)は、期待される「和」が日本と欧米で異なるので、仮にやるとしても当分先
・タッチパネル対応(未定)
・VR対応はコストがかかるので未定(やるなら別料金に)
・クラウドバイク(高速移動マウント)実装

実装中止濃厚
・ローンチ後のアップデートで水の中を泳げるように(βフォーラムより)※4.0で実装?
・線路にはいずれ列車が走るように(発売前の海外インタビューより)
・NPC等の名前表記は他言語に変更可能(発売前のインタビューより)
・レガシーキャラクターの刻印は表示ON・OFFが可能(初期PLLより)
・テストサーバーの導入を検討(旧フォーラムより)
・旧14の称号は条件を達成していれば新生でも取得可能(旧フォーラムより)
・チョコボはアイテム運搬などの個性的な能力も修得可能(発売前のインタビューより)
・ローンチ後に色々な作曲家に楽曲を依頼予定(発売前のインタビューより)
・上位の製作レシピの中には、製作に特定の場所を要求されることも(発売前の情報)
召喚獣はいずれパブリックフィールドでも戦えるように(動画 パブリックフィールドを使ったコンテンツの実装予定は無し
・PC版は横ホットバーのパット対応(旧14の操作)も検討(フォーラムより)
・マルチロール化:1つのクラスorジョブで複数のロールでリクエスト出来るように(例:斧術士でDPSとして参加など)
ウルダハのハウジングエリアに定期的にナナモが視察に(GFF2014より) 白紙状態
松野泰己氏がIDひとつ分のシナリオを執筆(ファンフェス2014東京より) 白紙状態
・大迷宮バハムート零式:真成編(2.5から延期)
・高難易度レイドは完結後にストーリーだけを追える仕組みを検討
チョコボ育成:一部の機能がハウジングなしでも利用可能に(アパルトメント実装に伴い中止の可能性大)
・召喚士のエギにミニオンの外見をコピー出来るように(ミニオンではなく他の蛮神エギに)


コラボレーション

FF15
・FF15の発売後、世界観やキャラクターが浸透した後に、凝った企画を製作予定
・ノクティス達がエオルゼアに来訪(検討)
FF15に収録されるFF14のBGM動画

その他
FF11から移行するプレイヤーに何らかの特典が用意
・(FF14側の)PSO2コラボイベントは何をやるかも未確定な状態で当分先に

過去のFFシリーズのキャラクターに関する方針
・オリジナル版(原作)のシナリオや設定を尊重し、慎重に検討
 ・原作の中で既に死んでいる(例:エアリス)or生死不明なキャラ(例:シャドウ)は出さない
 ・エオルゼアに訪れて戻っていくシナリオや設定を作れるキャラクターが登場
・FF6以前のドット絵時代のキャラを登場させるのは難しい

PS4版


パッケージ
『ファイナルファンタジーXIV: オンライン』(新生+蒼天)
『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』(新生のみ)

・PC版の最高画質がフルHD(1920x1080)で動作
・Windows版をベースにPS4へ完全最適化
・フレームレートは60〜30を維持
・表示キャラクター数はハイスペックPCと全く同じ
・発色や音質はPC版よりも上(比較画像/比較動画
・DirectX11対応による高画質化(コンフィグで切替可能)
・コントローラのタッチパッドは複数のボタン割り当ての他、マウスカーソルも操作可能
・マウス&キーボード操作モードにも対応
・ロード時間はPS3版に比べ大幅に短縮(高速化)
・PSVitaによるリモートプレイに対応(動画
SHARE機能対応
・「PlayStation Plus」への入会の必要は無し

PS4 Pro(Q&A
・同ハードはPS4のタイトル全てが動作するのでFF14もプレイ可能
・現時点では高画質化には対応していない(今後アップデートで対応予定)
・吉田Pは同ハードについてポジティブとは言えない感想を述べている

利用料金

サービス名
契約期間
利用料金
1ワールドあたり
作成可能なキャラ
1アカウントあたり
作成可能なキャラ
エントリー
30日
1,280円(税込1,382円)
1
8
スタンダード
30日
1,480円(税込1,598円)
8
40
90日
4,140円(税込4,471円)
8
40

・クライアント有料(パッケージorダウンロード / 無料期間30日付属)
・ハイブリッド課金(月額制+アイテム課金)
・継続課金ボーナス有り(ベテランリワード

アイテム課金:ミニオン1体540円、マウント1体2,484円、幻想薬1,080円、他
リテイナー追加雇用(倉庫拡張):月額216円/1体
ワールド移転:1,944円
キャラクター名変更:1,080円

関連商品


■音楽(詳細

BD『FFXIV : Duality Arrangement Album』
公式アレンジアルバム第2弾
全12曲(ピアノアレンジ曲&バンドアレンジ6曲)
mp3ファイル同梱
購入特典:オーケストリオン譜

BD『Before Meteor FF14 OST』 / 楽天 :旧FF14の全楽曲
BD『A REALM REBORN:FF14 OST』 / 楽天 :2.0〜2.1までの全楽曲
BD『Before the Fall: FF14 OST』 / 楽天 :2.2〜2.5までの楽曲
BD『蒼天のイシュガルド サウンドトラック』 / 楽天 :3.0と3.1の全59曲を収録

BD『FFXIV FROM ASTRAL TO UMBRAL』 / 楽天 :ロックバンド&ピアノアレンジ
CD『Distant Worlds III more music from FF』 :オーケストラ / FF14からは2曲


■書籍(詳細

Encyclopaedia Eorzea The World of FF XIV
FF14初の公式世界設定資料集
エオルゼアの理、歴史、国や文化、土地、人物、魔物などの詳細
FF14の開発チーム自らが執筆
全8章/304ページ/40万文字以上/豪華装丁
特典:ミニオン「ネミングウェイ」

小説版FF14(タイトル未定)
著:藤原祐(煉獄姫、鮮血のエルフ)
イラスト:いとうのいぢ(灼眼のシャナ)

FF14マガジン
2016年秋号 / 2016年夏号

吉田の日々赤裸々。FF14はなぜ新生できたのか
・吉田直樹氏による初の単行本
・崖っぷちプロジェクトであった旧FF14を蘇らせた過程を吉田氏自ら語る

電撃の旅団が巡るイシュガルドの世界
・ビジュアル、物語、登場人物から世界観を掘り下げる一冊

公式画集:第1弾楽天第2弾楽天
新生エオルゼア通信:Vol.1 / Vol.2 / Vol.3
電撃の旅団:Vol.1 / Vol.2 / Vol.3


■推奨認定製品(詳細

PC:パソコン工房 icon/ GALLERIA icon/ G-Master / G-GEAR
ディスプレイ:LCD-RDT241XPB / FORIS FS2434
マウス:G300s/G302/G303

ゲームパッド
PS4ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)
・パッチ3.1より公式サポート(PCと繋ぐだけで使用可能)


■グッズ

FF14グッズ一斉発売 (Amazon)

楽天Edyカード:ヤ・シュトラ(DFFAC)

フードブランケット:チョコボ / モーグリ

ぬいぐるみ カーバンクル:エメラルド / トパーズ
・ミニオンのアイテムコードが付属



その他の関連商品

製作スタッフ(敬称略)

プロデューサー/ディレクター
吉田 直樹 (ドラクエ10&バトルロード)
アシスタントディレクター
井 浩 (FF5・ロマサガ2&3・ラスレム)
権代 光俊 (FF11)
リードゲームデザイナー
河本 信昭 (FF9・FF11・ゼノギアス)
テクニカルディレクター
春日 秀之 (FF11・DCFF7・プレイオンライン)
リードUI&Webアーティスト
皆川 裕史 (FF12・FFT・ベイグラ・オウガシリーズ)
メインシナリオライター
前廣 和豊 (FF12・FFT・ベイグラ)
世界設定
織田 万里
リードデザイナー
鈴木 健夫 (FF10・FF12・クロノクロス)
サウンドディレクター
祖堅 正慶 (マリオバスケ・ナナシノゲエム)
アシスタントプロデューサー
松田 楠緒

開発:スクウェア・エニックス 第5ビジネス・ディビジョン

開発スタッフの変遷

リンク

フィールド
グラフィック
サーバー
UI
コミュニティ
コンテンツ
その他
過去記事
旧FF14


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

▲Home > FF14
I II III IV V VI VII VIII IX X XI XII XIII XIV XV
Today: 1204 Yesterday: 13111