▲Home > FF14 > コミュニティ

FINAL FANTASY XIV

ファイナルファンタジーXIV - コミュニティ

フィールド
グラフィック
サーバー
UI
□コミュニティ
コンテンツ
その他
過去記事
旧FF14

コミュニティ


(1920 x 1080)

プレイヤーコミュニティ大幅強化
・インゲームコミュニティの更なる形成(フリーカンパニーの結成と成長、競争)
・宅配&レターシステム実装
・プレイヤーハウジング実現
・PvPコンテンツ実装
・リテイナー&マーケットシステム一新


■フリーカンパニー(FC)

・リンクシェルよりも大きなコミュニティで、一般的なMMOの「ギルド」に近いシステム
・必要メンバーは4人以上(所属GCは別々でも可)、最大512人(予定)が所属可能
・旧14のリンクシェルの機能を保有
・8つぐらいの階級があり、様々な権限を個別に設定可能
・グランドカンパニー三国に対する評価システム(レピュテーション)も存在
・新生以降、フェーズ1〜4の段階を経て、順次実装予定
 フリーカンパニーシステム/フリーカンパニーランク/カンパニーハウジング(アジト)/フリーカンパニークラフト

フリーカンパニーポイント/フリーカンパニークレジット
・フリーカンパニーが成長するための経験値
・様々なコンテンツや、新人の勧誘、初心者のサポートなどで取得可能

フリーカンパニーチェスト
・共通のアイテムボックスが割り当てられ、アイテムの共有が可能

フリーカンパニークレスト
・製作したクレスト(紋章)を一部の装備につけることが可能
・シンボルとフレームの組み合わせで様々なクレストが製作可能(動画
・旧14ではネームプレートにLSのクレストが表示されたが、新生後はLS名のみでクレストは非表示に

フリーカンパニーアクション
・経験値アップなど、様々なアクションが使用可能に
・フリーカンパニークレジットと交換することで入手可能
・フリーカンパニーウィンドウから発動、24時間効果が持続

フリーカパニークラフト(3.0)
・旧14の構想にあった共同制作コンテンツ(動画
 ・兵器や船、ケーキなどを複数のクラフターで製作
・カンパニーアジト内に地下工房を設置することで実行可能に
・複数のクラフターが協力して建造物(船や飛空艇など)などを製作
・3.0よりも前に実装予定だったが延期

同盟(2.2以降)
・フリーカンパニー同士で同盟を組むことが可能(最大8)
・同盟専用のチャットチャンネルも

その他
・旧14ではキャラクターネームの右に所属LS名が表示されていたが、新生後は所属FC名に変更
・FCの名前が変更可能に(変更後1ヶ月は変更不可)(3.1)

■ハウジング


(1920 x 1080)

ハウジングエリア
ハウジングエリアは海(リムサ・ロミンサ)、荒野(ウルダハ)、森(グリダニア)の3種類
・イシュガルドは3.0シリーズの中で実装予定
拡張区:既存の区画と同一のインスタンスに増設(コピー)された区画

土地
・土地をギルで購入し、家の権利書を購入
 ・土地は時間経過によって値段が下がっていくカウントダウンオークション形式
  ・最高値から始まり、時間経過(6時間おき)で値段が徐々に下降
 ・価格は全ワールド共通 各ワールドの経済状況によって異なる価格に変更
土地は売却可能 不可に変更
・1つのインスタンスの中に30軒分の土地が用意
土地は埋まれば次のインスタンスを選べるので取り合いは起こらない
 ・サーバーのリソースを無駄なく使うため、自動ではなくパッチで追加に変更
・天文学的なギルが必要な巨大な土地も
UOのように長期間利用が無いと没収されたりすることはない


(1920 x 1080)

ハウス
・3つのサイズ(S/M/L)が存在(コストが異なる)
 ・規模はMサイズで10〜15人、Lサイズで20人以上
・家を建てると基礎の家が建ち、専用のウィジェットから家のパーツを選択
・カスタマイズ用パーツはスタート時で約380種
・家具などのオブジェクトはドラッグ&ドロップで配置可能

アパルトメント
1棟512部屋のマンションが各区画に追加(1棟90部屋に変更)
・リムサはタワー型(画像)、ウルダハは高層型(画像)、グリダニアは木造型(画像
・レンタル料は50万ギル
・共有ロビー有り(画像)、共用のチョコボ厩舎有り、畑は無いが植木鉢で補完可
・ハウスシェアリングや自動撤去には非対応

調度品
風呂を設置することで入浴も可能
・エーテライトも設置可能
・庭では栽培が可能(パッチ対応)

エーテリアルホイール(旧称:パークタワー)
・特殊な効果を持つ家具(FCポイントで購入)
・FCハウスに設置することで様々な効果が得られる
 ・経験値ボーナスやギル獲得率アップ、HQ率上昇など

ハウスシェアリング(3.1)
・個人ハウスのオーナーが設定した「ハウスメイト」にハウスの権限を開放(同居人設定)
・家具配置やチョコボ厩舎や栽培などで対応

非アクティブハウスの撤去(自動破棄)
・土地や家の没収は無いとされていたが方針変更
・45日以上利用されていない家&土地は強制撤去へ
所有者に補填をした上で土地を開放
 ・自動破棄後、35日以内であれば家具やギルの一部が返還

オーケストリオン(3.0から延期、3.2で実装)
・ジュークボックス/譜面収集
・宿屋かハウジングに設置することが可能(ハウジングでは他のPCも視聴可能)
・“オーケストリオン譜”を収集(店売りの他、バトルコンテンツの報酬をクラフターが譜面に加工する等)
・47曲(パッチ毎に20〜30曲が追加)

植木鉢&花瓶(3.3)
・肥料によって咲く花の色を調整、採集した花は製作素材に
・1日1回世話をしないと枯れてしまう

その他
・チョコボ厩舎を置けば育成や配合も可能(パッチ対応)
 ・ヒナを買って飼育
・“引っ越し”も可能(パッチ対応)
・お店を開くようなことも可能(パッチ対応)
 ・店らしいオブジェクトを配置し、誰でも進入可能にした上で、リテイナーにアイテムを販売させる

個人宅
個人宅の価格はFC宅よりも大幅に引き下げられる 同一価格に変更

動画:リムサロミンサ/屋内


■PvP

ウルヴズジェイル
・狭いマップ(海上コロセウム)で、少人数のチーム同士で行われる試合(動画
・4vs4と8vs8がベース(8v8は延期)
・コンテンツファインダー対応
 ・レベル30、40、50に分かれてマッチング(レベルシンク対応)
 ・レベル50は予め組んだ固定PT同士による対戦も可能(ランダムマッチングのPTとは戦えない)
 ・ランダムマッチングでのPT構成はID同様タンク1、DPS2、ヒーラー1
・PvPポイントの獲得量は固定PT同士の方が上
・パッチ3.5からチャットが使用不可に(専用の定型文を専用アクションとして実装)

フロントライン
・PvP専用エリアで3勢力が争う陣取りゲーム(攻城戦から企画変更)
・3つのチーム(勢力)に分かれて戦闘
・参加可能人数は最大72人
・CF専用コンテンツ

フロントライン初期構想
・PvP専用ゾーンで勢力同士が争う攻城戦
・参加人数は上限無し(無制限)で、100vs100も可能
・バリスタ(攻城兵器)はクラフターが製作
・CFは使用せず、ワールド内のみで戦闘
・PvPでの結果が外部にも影響を及ぼす(PvPをやらない人も恩恵が得られ、応援して貰えるような作りに)

トークン
・PvP専用のWSやスキル、アビリティ、装備などと交換可能
所属GCによって取得可能なアビリティが異なる

PvPランク
・PvPの腕前を示す数値
・功績を立てることで上昇

モラル
・PvP専用装備に付いているパラメータ
攻撃力や防御力にパーセンテージで影響
通常の装備よりもPvP専用装備の方が圧倒的に強い
・パッチ2.4からモラルの値だけILが上昇する仕様に変更

デュエルモード:ウルヴズジェイル係船場に1vs1が可能な場所が追加(画像
カスタムマッチ:任意のPTとの対戦が可能(フィースト)
観戦モード:定点カメラ、フリーカメラ、プレイヤーカメラの3種、実況も可、3.4では対戦者から招待された場合のみ

その他
・公式大会も開催予定
・PvP専用ワールドの追加は予定に無いが、要望が多ければ検討
・「GCを指定せずにマッチング」するオプションが追加(3.5)

開発
・PvPを好む吉田Pの意向により、FF14はPvPに特に力を注いで開発
・PvP専任の開発チームが編成されており、今もなお吉田Pが直接開発に携わっている


■エターナルバンド(旧称:結婚システム)

・プレイヤー同士のゲーム内での結婚が可能に
・式場は十二神大聖堂
・Web予約制(1週間前からモグステーションで予約、キャンセル枠はNPCから予約可
・セレモニーは3種類のプランから選択(スタンダードは無料、ゴールドとプラチナはリアルマネーが必要)
 ・プランによって招待客の人数が異なる(最大80人)
 ・FF11のようなGMが介入するシステムではなく、自動で進行
  ・予約時間になると招待客も含め会場に自動転送
・事前に専用クエストをクリア&指輪を用意(NPCから購入も可)
・報酬は2人乗りマウント、抱擁エモート、新規髪型、ケーキ、ドレスなど(全プラン共通)
・同性婚も可能
・パッチ2.4から延期、2.45で実装


■マーケット/リテイナー

マーケット
・競売場のシステムを兼ねる、リテイナーを使ったマーケットシステム(画像
旧14のマーケット&リテイナーシステムから大幅に仕様変更
・出品された地域に関わらず全ての出品物を閲覧・購入可能
 ・他の地域で出品された物を購入する場合は手数料が発生
・アイテムサーチが強化、HQやマテリアなどで絞り込むことも可能(画像
・商品が売れたことを知らせるアラート機能が実装
・売れたアイテムの履歴確認機能が実装

リテイナー(倉庫と出品の機能を兼ねたNPC)
・1キャラクターにつき2体まで雇うことが可能
・雇用時に容姿や性格を選択可能
・同一アカウント内での共有も検討されていたが中止に
・機能を追加したスーパーリテイナー(仮称)もパッチで追加予定

リテイナー追加雇用
・所持品の圧迫を解消するためリテイナーの追加雇用が可能に(+2体まで)
 ・有料サービスとして実装(通常の月額料金とは別に毎月200円支払う必要がある)

リテイナーベンチャー
・リテイナーのジョブやクラスを決定後、チップを払って取得したいアイテムを指示&派遣
・成功するとリテイナーに経験値が加算され、レベルが上がり多様な装備が着せられるように
・レベルが上がるほど高性能な装備が着られるようになり、更にレアなアイテムが取得可能に

その他
・旧14のバザー(FF11にも存在したプレイヤー自身がアイテムを販売する機能)は廃止


■ゴールドソーサー(2.51)

マンダヴィル・ゴールドソーサー(動画
・チョコボレース、テーブルゲーム、ミニゲームの3本の柱で構成された遊技場
カジノからゲームセンターに企画変更(各国の法律対策)

チョコボレース
・8羽による競走(プレイヤーが騎乗して操作)
・オートで前に進むので、マウントとは操作感覚が異なる
・レースに勝利することでマンダヴィルポイントを入手(予想などのギャンブル要素は無し)
・CFを使用(8人PTを組んで仲間同士で競走することも可能)
・レースはチョコボの総合力によってクラス分けされる(同じ強さのチョコボ同士で競走)
コース:東ラノシア/南ザナラーン/黒衣森・南部森林
チャレンジレース:特定NPCとの対戦(3.25)

トリプルトライアド
・FF8のカードゲーム
・有名NPCと対戦(対戦可能なNPCは頭上にマーク、勝利するとマークが変化消滅、中にはアイコンの無い隠しキャラも
・カードの入手手段はNPC戦で勝利、コインで交換、IDやバトルコンテンツの報酬など様々
・カードは全80枚、パッチで随時追加(レアはディシディアの歴代キャライラストなど)
・ランダムハンドやセイムの他、FF14独自ルールも多数追加
・対人戦も可能(カードの奪い合い要素は無し)
・大会が定期開催
FFポータルアプリにも同ゲームが実装(連動)

ロードオブヴァーミニオン(3.1)
・他のプレイヤーと1対1(PvP)で、大量のミニオンを使用して戦う(RTS)
・アーケードゲーム「ロードオブヴァーミリオン」のパロディ(ゲームシステムを流用)
・取得済みのミニオンを使用(同じミニオンを複数使用可)
・ミニオン毎にHP、攻撃力、防御力、移動速度、特殊技、特攻、タイプ、コストが異なる
・制限時間10分で、相手フィールドのアルカナストーンを全て破壊すると勝利
・レートマッチングシステム対応(ワールド外のPCとは対戦不可)

ミニゲーム
フリースローハンマーゲーム、パンチングマシーン、クレーンゲームなど
旧14のギャザラーがミニゲーム化(3.1)

ゴールドソーサーアクティブタイムイベント(GATE)
・ゴールドソーサー内で突発的に始まるイベント(ジャンピングゲーム、ダンスイベントなど)

くじテンダー(ミニ/ジャンボ)
・あらかじめ好きな数字を選択>1日or週1で抽選会>当たれば豪華景品
・抽選会後、1時間以内に交換するとボーナスが付与(3時間の予定だったが変更)

マンダヴィル・ゴールドソーサーポイント(MGP)
・ゴールドソーサー専用の通貨
・貯めることで様々な景品と交換可能
・景品はセッツァー装備バニーガール装備、マウント(カメ、フェンリル)、チョコボ育成用エサ、配合用チョコボ、レアカードなど
 ・オシャレに関するものがほとんど(有用なアイテムを追加するとゴールドソーサーありきになってしまうため)

その他
・ゴールドソーサーへ行くには簡単なクエストをクリア(2回目以降はテレポ可)
・レベル制限は無し(カードゲームのクエストはレベル15以上)
・攻略手帳にゴールドソーサーの項目が追加(3.1)

チョコボ育成
・レース専用のチョコボをヒナから育成(名前は選択式)
・レースで経験値を取得、ランクアップによってパラメータアップ(スタミナやスピード)&アビリティ修得
調教:専用のエサを与えて直接パラメータアップ
カップリング:配合を繰り返すことでアビリティなどを引き継ぎ更に強いチョコボに

ゴールドソーサー初期構想
プレイヤー同士がポーカーやルーレット、オリジナルのゲームで遊べる、ラスベガスのようなイメージカジノ施設


■その他


(1920 x 1080)

リンクシェル
・旧14のリンクシェルの機能は基本的にフリーカンパニーに継承
・新生のLSはチャットチャンネル化
・旧14ではネームプレートにアクティブなLSのクレストが表示され、LSを切り替えると表示クレストが切り替わる仕様だったが、廃止

モグレター
・フレンドに、メッセージにアイテムやギルを添付して送ることが可能(画像
・フレンド以外は(自身のアカウントの別キャラクターも含め)不可能

メンターシステム(3.2)
・熟練プレイヤーが新規プレイヤーを支援(ボランティア)
・名前の横に王冠が表示(非表示も可)
・メンタールーレットが使用可能に(アチーブメント&報酬有り)
・専用のチャットチャンネル(ワールドチャット)に参加可能に(初心者を招待可)

・フレンドリストは承認制に
・他ワールドと交流をもてるようになる機能を検討


■Web

The Lodestone
・プレイヤーズサイト。旧14のβテスト中にオープン、新生時にリニューアル。
・運営からの情報(イベントやメンテナンス等)が公開される他、ログインを行うことで日記の投稿や他プレイヤーとの交流が可能。
・全プレイヤーのキャラクター情報が閲覧可能。かつてはクエストのクリア日時までもが開示されていたが、現在はプレイヤー側で一部情報を非公開にすることが可能。

公式フォーラム
・Web上から利用可能なフォーラムで、プレイヤーからのフィードバックを受け付けている。
・旧14時代にオープン、後にFF11にも設置された。
・閲覧は誰でも可能だが、投稿は課金中のユーザーのみ。
・投稿に対する削除基準は非常に厳しく、フィードバックであってもモデレータが不適切と判断した投稿は「フォーラムの目的に貢献しない」との理由で削除が行われる。
・削除2回でフォーラムアカウントが永久停止処分となるので、投稿には細心の注意を払う必要がある。

プロデューサーレター
・プロデューサーが自ら公式フォーラムで定期的に情報を発信
・旧14のP&Dに就任した当初の吉田氏は知名度が低かったため、ユーザーからの信頼を得るための施策の一環として開始
・ローンチ後は投稿頻度が減少、後述の生放送が主軸となり、現在はほぼ投稿が途絶えている。

プロデューサーレターLIVE
・前述のレターという形では文字数の制限などによる限界があったため、生放送という形での情報発信が決定
・当初は前後編の2回だけの予定だったが、好評を博したため、ほぼ毎月配信という形に
・開発者自らが表に出て今後のビジョンを語るという形式はスクエニ社内にも影響を与え、他の開発チームも同様の試みを実施するように

フィールド
グラフィック
サーバー
UI
□コミュニティ
コンテンツ
その他
過去記事
旧FF14


▲Home > FF14 > コミュニティ
Today: 6480 Yesterday: 9288