▲Home > 旧FF14 | 新生FF14 |

FINAL FANTASY XV
ファイナルファンタジー XV

製作
スクウェア・エニックス
対応機種
Windows(PC)
サービス開始
2010年9月30日10:00
サービス終了
2012年11月11日17:00
利用料金
1,029円 / 30日
ジャンル
MMORPG
CERO
B(12歳以上対象)
ファイナルファンタジーXIV
プロデューサー
田中 弘道
ディレクター
河本 伸昭
バトルディレクター
岡田 厚志
アートディレクター
吉田 明彦
世界設定
岩尾 賢一
シナリオ
佐藤 弥詠子
音楽
植松 伸夫

パッケージ
機種
発売日
価格
備考
Windows
2010/09/22
10,290円(税込)
グッズ付属
Windows
2010/09/30
8,190円(税込)
-

世界観
都市国家
種族
キャラメイク
クラス・ジョブ
ステータス
システム
カンパニー
ギルドリーヴ
バトル
装備・修理
生産・採集
コミュニティ
UI・設定
過去の記事

| 概要 | 開発 | 対応機種 | 備考 | 経緯 | 利用料金 | 関連商品 | 製作スタッフ | リンク |

概要

・完全オンライン対応のMMORPG
・日・英・独・仏の4言語対応
・キーワードは「成長」

冒険の舞台は伝統あるFFシリーズを継承する美しき大地“エオルゼア
武器を変えるだけで何時でも何処でもクラスチェンジできる“アーマリーシステム
短時間やソロなどライフスタイルに合わせたプレイが可能な“ギルドリーヴ

備考


FF11を手掛けたチームが開発
・PS3版とPC版が同時リリース予定だったが、開発の事情によりPC版が先行発売
・サービス開始後、ゲーム内容の抜本的な改善を行うため開発体制が変更
・現行のFF14のサービスと平行して、全てを作り直した新生FF14を開発


■ワールド(サーバー)

・世界共通サーバー(各国のユーザーが同じワールドでプレイ)
・1ワールドの最大度右折数の目標は5000〜6000名
・ワールドはキャラクター作成時に自由に選択可能
・中国でのサービスを行う場合は(中国の法律上)独立サーバーで運営
 (日・米・欧の混合サーバーへの中国からのアクセスはブロック)


■アップデート

・定期的なアップデートにより、ゲームの内容が進化
・アップデートは3ヶ月に1回の予定だったが、開発体制の変更に伴い高頻度のアップデート方針に
・パッチはP2P方式で配信


■不正対策

・FF11同様、Sage Sundi氏が率いるスペシャルタスクフォースが担当
・ワンタイムパスワード導入


■βテスト(PC)

・βテストの前にαテストを実施 βテスター当選者の中から選出
・βテストは4段階に分けて実施 フェーズ2から24時間稼動、8月にフェーズ3、オープンβはサービスイン直前
・クローズドβテストへの応募数は数十万、オープンβテストには世界累計で39万人以上が参加
・βテストではリムサ・ロミンサ周辺のみ開放(Oβで全開放予定だったが中止に)
・キャラクターデータは製品版には引き継がれない(外見データや名前は引継ぎ可能)


■正式サービス

・2010年9月30日より正式サービス開始
・コレクターズエディション購入者は2010年9月22日(正式サービスの8日前)よりプレイ可能


■販売本数

Windows版:63万本(日:19万本 米:21万本 欧:23万本)
スクエニ2011年3月期第2四半期決算説明会より


■BGM/テーマソング

・植松伸夫氏が全曲を担当(約80曲)
・田中Pから作曲依頼を受けた植松氏は、全曲任せてくれることを条件に受託
・開発体制変更後は新たに複数のコンポーザーが参加

音声
・5.1ch サラウンド対応

メインテーマ『Answers』
作曲:植松伸夫 歌:Suzan Calloway


■FF11との関連性

・FF11の続編ではなく、世界観的な繋がりは一切無い、完全な新作
・キャラクターデータなどは一切引継ぎ不可能 LSやフレンドリストの引継ぎは検討されていたが中止に
・FF11と同じ外見のキャラクターを作成することも可能
・FF11もユーザーの支持がある限りサービスを継続

FF11・FF14の両方に課金を行うことでそれぞれに特典
・FF14で新規キャラクター作成時に移動速度アップ装備「エルメスの靴」所持
・FF11のキャラクター名をFF14に引き継ぎ可能に(姓がFF11でのワールド名に)


■その他

・テレビCMに生田斗真を起用

PS3『ファイナルファンタジーXIII』の初回出荷分にFF14のキャンペーンコードが封入
・PS3版βテスト特別枠への応募が可能&インゲームアイテム入手可能

対応機種

Final Fantasy XIV (輸入版)

Windows版
・要求スペックは非常に高く、5年後に標準となるものを最高レベルに設定
・推奨CPU:「Core i7 2.66GHz」以上 / 推奨GPU:「GeForce GTX 460」以上 / 推奨メモリ:4GB以上
・32bitアプリケーション(64bitにはWOW64によるエミュレーションで対応)
・DirectX9ベース
・マルチコア、メニーコア、マルチスレッド対応
・ウィンドウモード対応
・3D立体視対応も検討

PS3版(発売中止(新生へ移行))
・Windows版を元に調整 SCEと共同で作業
・画面解像度はPC版の推奨解像度と同様の720p(1280×720)を予定
・テクスチャーは1/4のサイズで解像度を半分にしているが、見た目はPC版と変わらない
・技術的な問題(メモリの最適化作業が難航)によりPC版との同時リリースを断念
・新生FF14への移行決定に伴い旧FF14版はリリース中止 新生でPC版と同時発売

その他
・マイクロソフト(Xbox)とは2006年から交渉を続けているが難航、開発は既に中止状態
 ・要因はXbox Liveのネットワークポリシー(クローズドネットワーク)
 ・マイクロソフトがクロスプラットフォーム(他社のネットワークサービスとの乗り入れ)を拒んでいるため(FF11は特例として許可されていた)

開発

開発体制変更前(〜2010年11月)
田中弘道氏率いるFF11チームが開発(プロマシア以降、チームを11と14に分割)
・ディレクターはFF11に携わってきた河本信昭
・アートディレクターはFF12やFFTのキャラクターデザインを手掛けた吉田明彦氏
・FF11までを手掛けてきた植松伸夫氏が、再び作曲に復帰
・企画構想時から『FF14』(ナンバリングタイトル)として製作開始
・開発コードネームは「Rapture(ラプチャー)」
・未完成の早い段階から公開してユーザーの意見を吸い上げる方針で開発
・スクエニ自社製ゲームエンジン「クリスタルツールス」を独自カスタマイズしたものを使用
・スクエニの開発環境統合やゲームエンジンが抱える問題により製作が難航
・α、βテストには多くのフィードバックが寄せられたが、改善の目処が立たないまま決算直前にサービス開始

開発体制変更(2010年12月〜)
・諸問題を抱えたまま発売を強行したためローンチに躓く形となり、抜本的な改善を行うため開発体制が変更に
吉田直樹氏がプロデューサー兼ディレクターに就任
・田中弘道氏はプロデューサーを退任(2012年7月末にスクエニ退社)
・元ディレクターの河本伸昭氏はリードプランナーに
・松野作品に携わってきた皆川祐史氏がUI開発を担当
・現行版のサービスと平行して新生FF14を同時開発

現行版(旧FF14)
・FF11のディレクターを務めていた松井氏が本作のリードバトルプランナーに異動
・新生の開発と平行して現行版のアップデート&運営を継続
・サービス開始から無料期間を延長してきたが、新生の発表と同時に課金開始
・2012年11月11日にサービス終了(キャラクターデータは新生FF14に継承)

ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア (PS3/PC)
・クライアント一新、グラフィックスエンジン新生、新設計サーバー、マップ全変更、UI全改修
・2013年にPS3版&PC版同時リリース
・旧14PC版ユーザーへはクライアント無料配布(キャラクターデータ継続)

経緯/受賞暦

・2004年09月--日 次世代MMORPG技術研究開発プロジェクトがスタート
・2005年05月--日 E3 2005のマイクロソフトプレスカンファレンスで技術デモ映像動画)公開
・2006年09月--日 仕切りなおしが行われ、エンジンの完成待ちに(企画などは進行)
・2007年09月--日 スクエニ共通開発エンジン「Crystal Tools」完成
・2009年06月02日 E3 2009のソニープレスカンファレンスにて正式発表(動画
・2009年08月19日 GamesComにαバージョンがプレイアブル出展
・2009年09月24日 東京ゲームショウ2009に映像出展
・2009年12月17日 βテスター募集開始
・2010年02月28日 ヴァナフェス2010でオープニングムービー公開
・2010年03月11日 βテスター専用サイトオープン
・2010年04月08日 αテスト開始
・2010年06月15日 E3 2010のSCEプレスカンファレンスにて新トレーラー公開
・2010年06月15日 E3 2010スクエニブースにてβバージョンが公開(メディア予約限定)
・2010年07月01日 Japan Expo 2010(フランス)にβバージョンが出展
・2010年07月10日 Windows版クローズドβテスト開始
・2010年09月02日 Windows版オープンβテスト開始
・2010年09月22日 PC版『FFXIV コレクターズエディション』発売 先行ログイン開始
・2010年09月30日 PC版『ファイナルファンタジーXIV』発売 正式サービス開始
・2010年12月--日 開発体制変更(プロデューサー退任、ディレクター変更)
・2011年10月14日 新生FF14発表
・2012年01月06日 旧FF14課金開始(ユーザー数が3倍に増加)
・2012年11月01日 旧FF14キャラクターデータ最終セーブ
・2012年11月11日 旧FF14全ワールドダウン


■受賞暦

日本ゲーム大賞2010「フューチャー部門」受賞

パッケージ・利用料金


ファイナルファンタジーXIV コレクターズエディション
■パッケージ(生産終了)

パッケージ
発売日
価格
アイテムコード
付属物
2010年9月22日
9,800円
(税込10,290円)
オニオンヘルム
先行ログイン権
各種グッズ
2010年9月30日
7,800円
(税込8,190円)
ガーロンドゴーグル
-


■課金(旧14サービス限定価格)

利用料金 980円(税込1,029円)/30日
1キャラクターを利用するために必要な料金
キャラクター追加料金 300円(税込315円)/30日
2キャラクター以上利用する場合、キャラクターを1つ追加するのに必要な料金

無料期間:30日

・スクウェア・エニックスIDを使用
・30日単位のアニバーサリー課金

課金特典(レガシーキャンペーン)
・現行版に3ヶ月以上課金すると新生以降のFF14において下記の特典が付与
・サービス料金が恒久的に割引(1,480円→980円)
・マウント“レガシーチョコボ”が付与
・スタッフロールに名前が掲載(希望者のみ)

関連商品


■音楽

『Before Meteor:FFXIV Original Soundtrack』
・旧FF14の全楽曲(100曲以上)を収録したBD(ディスク内にmp3ファイルも収録)
・初回生産分はインゲームアイテム付属

『FINAL FANTASY XIV - Eorzean Frontiers』
・iTunes Storeで配信
・旧FF14のサウンドトラック(一部楽曲は未収録)

『ファイナルファンタジーXIV/Fileld Tracks』
・オープニングやフィールド楽曲を収録 作曲:植松伸夫
・箱型パッケージ 内側に世界地図

『ファイナルファンタジーXIV/Battle Tracks』
・バトル曲を収録 作曲:植松伸夫
・箱型パッケージ 内側に武器一覧

BD『Distant Worlds FF THE CELEBRATION』
FF14テーマソング「Answers」収録 (YouTube)

『FINAL FANTASY Vocal Collection』
・FF14テーマソング「Answers」収録

『ロード・オブ・ヴァーミリオン Re:2 FAN KIT』
・「FFXIV メドレー -LoV Edit-」収録

楽譜
『FFXIV フィールド&バトルトラックス ピアノ・スコア』
『楽しいバイエル併用 FF14フィールド・バトルトラックス』


■書籍
ファイナルファンタジー25th メモリアルアルティマニア Vol.3

『FFXIV エオルゼアファッション コレクトブック 01』
『FFXIV エオルゼアファッション コレクトブック 02』

『ファイナルファンタジーXIV エオルゼア通信』
『FFXIV エオルゼア通信 Vol.1 2011 Summer』

『FFXIV エオルゼア オフィシャルスターティングガイド』

日経エンタテインメント! 増刊「ゲームエンタ! Vol.8」

小説
『ファイナルファンタジーXIV エオルゼアの風』

ファイナルファンタジー25th メモリアルアルティマニア Vol.3
・ファイナルファンタジーX、XI、XII、XIII、XIV
・これまで世に出ていない設定画や開発素材も大量に掲載


■FFXIV推奨認定PC・周辺機器

イーフロンティア『FF14推奨ゲームパッド』
プラネックス『FF14推奨 Gigabit対応 300Mbps無線LANルータ』

エレコム『FF14モデル キーボード・マウス・スピーカー・ゲームパッド』
・ゲームパッドは64bit環境で致命的な不具合有り


■グッズ

『FF14 モーグリ ぬいぐるみ クプル・コポ』
『FF14 オリジナルポスター (B2サイズポスター2枚組)』
ギルドリーヴ ストラップ 聖トトル/聖ムールギン/聖ダナフェン
ギルドリーヴ カードケース 聖トトル/聖ムールギン/聖ダナフェン

製作スタッフ(敬称略)

開発体制変更前(〜2010年11月)
プロデューサー
田中 弘道 (FF1〜3・FF11・聖剣伝説2〜3・ゼノギアス・クロノクロス)
ディレクター
河本 信昭 (FF9・FF11・ゼノギアス)
アートディレクター
吉田 明彦 (FF12・FFT・ベイグラントストーリー・オウガシリーズ)
ワールドコンセプト
岩尾 賢一 (FF11・バイオハザード1・パラサイトイヴ2)
シナリオライター
佐藤 弥詠子 (FF8・FF11・ベイグラントストーリー・デュープリズム)
イベント&マップ
木越 祐介 (FF11・ゼノギアス・クロノクロス)
バトルディレクター
岡田 厚志 (FF11)
マップデザイナー
千葉 知樹 (FF11・ゼノギアス・クロノクロス)
キャラクターアニメーション
  玉井 進太郎 (FF9・FF10・KH1・FM4・FM5)
キャラクターアートデザイン
生江 亜由美 (FF11)
イメージイラスト
天野 喜孝 (FFシリーズ)
HQカットシーン
秋山 淳 (FF7・FF12・FFvs13・ベイグラントストーリー)
ムービーディレクター
生守 一行 (FFシリーズ)
グローバルオンラインプロデューサー
Sage Sundi (FF11・ウルティマオンライン)
コンポーザー
植松 伸夫 (FF1〜11)
メインテーマ
SUSAN CALLOWAY

開発体制変更後(2011年1月〜2012年11月)
プロデューサー/ディレクター
吉田 直樹 (ドラクエ10・ドラクエバトルロード)
アシスタントディレクター
井 浩 (FF4・FF5・ロマサガ2・ロマサガ3・ラストレムナント)
玉井 進太郎 (FF9・FF10・KH1・FM4・FM5)
新納 一哉 (世界樹の迷宮・セブンスドラゴン)
テクニカルディレクター
橋本 善久 (ルミナススタジオ・ソニックシリーズ)
リードプランナー
河本 信昭 (FF9・FF11・ゼノギアス)
リードバトルプランナー
松井 聡彦 (FF4・FF5・FF11・クロノトリガー)
リードプログラマー
春日 秀之 (FF11・DCFF7)
リードアーティスト
吉田 明彦 (FF12・FFT・ベイグラントストーリー・オウガシリーズ)
リードUI&Webアーティスト
皆川 裕史 (FF12・FFT・ベイグラントストーリー・オウガシリーズ)
リードシナリオライター
佐藤 弥詠子 (FF8・FF11・ベイグラントストーリー・デュープリズム)
シナリオライター
平野 幸江 (FF13/BCFF7/FF零式/すばらしきこのせかい)
サウンドディレクター
祖堅 正慶 (聖剣伝説4・LoV・かまいたちの夜2)
コンポーザー
植松 伸夫 (FF1〜11)
水田 直志 (FF11・FF13-2・光の4戦士)
山崎 良
関戸 剛 (武蔵伝・ラストレムナント)
イメージイラスト
天野 喜孝 (FFシリーズ)

リンク


▲Home > 旧FF14 | 新生FF14 |  
Today: 3088 Yesterday: 9450