▲Home > プレイオンライン

Play Online
プレイオンライン

PlayOnline(プレイオンライン)

・スクウェア・エニックスが提供していたオンラインサービス
・基本サービス料金は無料
・基本コンテンツは各種オンラインゲーム、メール、チャット、フレンドリストなど
・ブロードバンド(ADSL、CATV、FTTH等)、ナローバンド(アナログ回線、ISDN等)のどちらからでも利用可能
FF9オンラインアルティマニアを無料公開
・月刊誌「プレイオンライン」を発行(約1年で休刊)
・FF11以外のコンテンツは2010年12月31日をもって全て終了
・プレイオンラインはサービス終了したが、 FF11の入口(ランチャー)としての機能は存続


対応ゲーム

FF11
テトラマスター
雀鳳楼
ダージュ オブ ケルベロス FFVII
フロントミッションオンライン
ファンタジーアース


初期構想

・総合ネットワーク・エンタテインメント・コンテンツ&コミュニティサービスとして立ち上がったプロジェクト
・2000年1月29日にパシフィコ横浜で開催された「スクウェアミレニアム」にて、FF9~FF11の発表に併せて公表
・NTTコミュニケーションズや集英社、エイベックスなど様々な分野の企業と提携
・会員制(有料)のサービスを想定
・映画の失敗などによる経営危機に伴い、FF(MMO)に集中・特化してコア市場を確保する方針へと変更
・プレイオンライン運営会社をナムコ、エニックス、スクウェアの3社で共同設立予定だったが中止に

e-distribution
オンラインゲームと合わせてコンテンツサービスを提供
メールやチャットなどの総合的なコミュニティサービス、ゲームと連動した攻略情報や漫画、音楽、スポーツ情報などを提供
例:前日のプロ野球の試合データをダウンロードし、ゲームに反映

e-commerce
全世代&全家族に向けた品揃えのショッピングサービス
3DCGなどを使用、現実のショッピングに近い、リアルで楽しい、新しい形のEコマース環境を実現

その他
・当初はFF10も対応予定で、ゲーム内でプレイオンラインに接続し、攻略情報やアイテムの提供が行われる予定だった。


■スクウェアミレニアム

開催日時:2000年1月29日
開催場所:パシフィコ横浜

FF9FF10FF11が同時発表
プレイオンライン構想映画FFも発表

・プレスの他、一般応募者5,000人を招待したプレイベートショウ
・坂口副社長を始め、各メディア関係者、漫画家の本宮ひろ志氏も登壇
・隣接会場ではアクエスブランドのゲームを含む体験コーナーが開設
・この発表の影響でスクウェアの株価が高騰(最高値)


開発

スクウェア第4開発事業部(事業部長:松野泰巳


▲Home > プレイオンライン
Today: 4216 Yesterday: 10739