▲Home> KH4

キングダムハーツ IV

発売日:未定
対応機種:不明
ジャンル:RPG

最新情報(2022/04/14)

概要

キングダムハーツシリーズナンバリング最新作
新たな物語“ロストマスター篇”がスタート
現代の東京に似た世界「クァッドラトゥム」が舞台

ストーリー

ロストマスター篇
シリーズ1作目から続いてきた“ダークシーカー篇“がKH3で完結
新たな物語“ロストマスター篇”が開始
ロストマスターはXIII機関のような対抗勢力

プロローグ
主人公のソラは見知らぬ世界で目を覚ます。
クァッドラトゥムというこの世界から、ソラは元の世界へ戻ろうとする。
一方、ドナルドとグーフィーはソラの手掛かりを求め、冥界を訪れる。

2020.11野村氏インタビューより(KH4発表前)
野村D「残っている伏線などは今後も回収されていくが、今までのような構成とは少し変えたい」
野村D「ガラッと世界を変えつつも新しいお話のなかで、これまでの伏線も回収されるような形に」

世界観 / ワールド

クァッドラトゥム
高層ビルが立ち並ぶ近代的な都市
これまでの光の世界、闇の世界、狭間の世界のどれにも属さない新たな世界
MoMでは“裏側の世界” と呼ばれており、虚構の世界とも
quadratum(ラテン語)を日本語に訳すと「四角」(スクウェア)
現代の東京がモチーフ(トレーラーの舞台は渋谷、リクの夢では新宿も)
ソラが目覚めた部屋(位置的には南青山)はゲーム序盤の拠点に

現実と虚構
ソラの視点から見れば、クァッドラトゥムは現実とは違う裏の世界であり、虚構の世界
クァッドラトゥム側の住人から見れば、クァッドラトゥムの世界が現実で、ソラたちがいた世界のほうが裏側であり虚構の世界
今回は、そういった立場の違う者の対比みたいなものがテーマに


未確定

エンドア(スターウォーズ)
大自然のエリアで、AT-STの足らしきものが一瞬だけ映る(動画

登場キャラクター

ソラ
クァッドラトゥムで7日間の眠りから目覚め、ストレリチアと出会う。
元の世界へ戻る方法を探している。

ドナルド / グーフィー
消えたソラの手掛かりを求めて冥界を訪れ、ハデスに見つかる。

ストレリチア
キーブレード使いの少女。奥手な性格。(UX)
クァッドラトゥムを「私たちにとっては死の世界」と表現

その他
トレーラーのナレーションは、これまでに出ているキャラで、声がつくのは初めて
・声色を変えているがミッシングリンクのナレーションと同じ声優(ブレインではない)


登場未確定

リク:ソラを探しにクァッドラトゥムへ(MoM)
カイリ:現在はアクアの元で修行中(MoM)

ヨゾラ
クァッドラトゥム側の人物。終わりの世界でソラと戦った後、元の世界で目覚める。

NAMELESS STAR
クァッドラトゥム側の人物。姿と名を奪われ、終わりの世界で誰かを待ち続けている。

ゲームシステム

バトルは前作KH3の進化系
コンセプトはスクラップ&ビルドで、破壊と再構成がカギ
KH2のリアクションコマンドが復活

キーブレードをグラップリングフックのように使い、遠方に高速で移動
高層ビルの壁を駆け上がったり、崩れる建物の中を滑り降りたりなども

グラフィックス

前作KH3を上回るグラフィックに
20周年イベントで公開された映像は全て(プリレンダムービーではなく)リアルタイムレンダリング
・実写のような森のシーンも含め、全てが実際のゲーム画面
・UE4で作られているが今後UE5へ移行、クオリティも大幅にアップ

キャラクター
クァッドラトゥムではソラの見た目もリアル寄りに
元の世界に戻ればドナルドとグーフィーのようなシェーダーの見た目に
これまでのようなソラも含め、様々な表現のソラが登場予定

その他

ダークシーカー編が完結したため、タイトルロゴのデザインを刷新
すばらしきこのせかいFFオリジンとの繋がりは無し(クァッドラトゥムもすばせかの渋谷とは別の世界)

初公開
2022年4月10日に開催されたKHシリーズ20周年記念イベントで正式発表
・スマホ向け新作「ミッシングリンク」と同時発表
今回はリークを防ぐための早めの発表で、続報はまだ暫く先に(E3での続報は無し)

発売日:未定
「まだまだ時間はかかる」(野村D)
前作は初公開から5年半後に発売
近年AAAタイトルは開発が長期化する傾向にあり、FF7Rは5年FF16は5年以上

対応機種:非公開
グラフィックのクオリティからPS5世代である可能性が高い
現在スクエニ主力タイトルの多くがPS5へ移行中
野村氏もPS5世代で発売されることを示唆

開発

KH3を手掛けたスクエニ第一開発事業本部の大阪スタジオが開発
・KH3リマインドの完成後、2020年1月の時点で既に次の作品(本作?)に着手
KH4かVERUM REXのどちらかを製作する予定だったが、家庭用ゲームを2作同時に作るのは厳しく、ソラが気になるファンの声に応えるため、KH4に決定

ゲームエンジン:アンリアルエンジン5
初公開時の映像はUE4を使用しているが、UE5も検証中で、最終的にはUE5を使用
・ライティングやディティールが数段クオリティアップ

野村Dコメント(2022年4月)
「今発表できるものは出しきったので暫くは何もないが、裏では着々と色々なものが進行中」
「KH4も、まだまだ時間はかかると思うが、凄いものに仕上がると自分で思っている」
「ワールドに関しても仕込んでいるところなので楽しみにしてほしい」

主要製作スタッフ(敬称略)

ディレクター:野村 哲也
Co.ディレクター:安江 泰
シナリオ:野村 哲也 / 岡 勝 / 石橋 明子
エグゼクティブプロデューサー:間一朗

過去のニュース / 外部サイト


▲Home> KH4
Today: 4211 Yesterday: 10207