▲Home > その他のFF > (旧)聖剣伝説  


スクウェアがFF1の前に2度に渡り制作&開発売中止となった作品
後に発売された『聖剣伝説FF外伝』も含め、3作とも開発チームも内容も全く異なる別物


聖剣伝説

対応機種:ファミリーコンピュータ
開発:スクウェアBチーム / ビッツラボトリー

田中弘道氏らが株式会社ビッツラボトリーのスタッフと組んで開発
・3DダンジョンRPGで、ウィザードリィがリアルタイムで動くようなゲーム
・「聖剣伝説」の商標はこの制作の際に取得
・ドラクエが登場する前で、最初のファミコン用RPGになる予定だった
・半分ぐらい完成した辺りで諸事情により開発中止


聖剣伝説 THE EMERGENCE OF EXCALIBUR

対応機種:ファミリーコンピュータ ディスクシステム
発売予定日:1987年4月下旬(書き換えは6月下旬から)
予価:3,400円
ジャンル:RPG
開発:スクウェアCチーム

概要
・全5部作の第1弾
・幾世代にも渡る壮大な戦いの序章
・Newタイプ パーティ制RPG
・パーティメンバーは自分の意思で動き回る

開発
・前回とは異なるスタッフ(時田氏青木氏)が制作
・発売時期が決まりプロモーションも開始されていたが、発売中止に
・本作の後にFF1が発売(同じ趣旨を持つゲームとして発表)

画面写真&広告 (UNSEEN64)



▲Home > その他のFF > (旧)聖剣伝説
Today: 7643 Yesterday: 14065