▲Home > KHHD2.8

2020/10/10更新
キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ
 
対応機種:PS4 / XB1 / PC
発売日:2017年1月12日(木)
価格:6,800円+税
ジャンル:RPG
CERO:A(全年齢対象)

発売中:Amazon / 楽天

■最新情報

PC版が3月31日に発売

PS5:PS4タイトルが高速&高画質化

過去のニュース



■概要

KH3へと繋がるパッケージタイトルがPS4で登場
KH3DのHDリマスター、KHχの映像作品、KHBbSのショートエピソードを収録
KH3Dはほぼリメイク、他の2作品はKH3の技術を使用して製作
これまでのHDとは異なり、本作は3分の2が完全新作

収録タイトル
KH3DHD / KHxBC / KH0.2


■キングダム ハーツ ドリーム ドロップ ディスタンス HD

KHDDD(KH3D)をHDリマスター化
3DS版では下画面を使用していたシステムを、1画面で遊べるようにゲームデザインを変更
これまでのHDリマスターに比べ、リメイク色が強い作品に
大きな追加要素はないが、トロフィー対応など、これまでのHD版にあったコレクション要素は追加
グラフィックはシリーズ初の60フレーム
3体のスピリットが追加(ポンダニャン、ビイトッポイ、ユアガリペンギン)
ARカードで仲間になったスピリットは、全てゲーム内で手に入るように変更


■キングダムハーツχ バックカバー

新規HD映像作品(1時間以上)
シリーズ最古のショートストーリーを映像化
KHχ&KHUχの裏側(同じ時系列)で起きていた、予知者達の謎に満ちた物語
χやUχはプレイヤー視点の物語だが、本作は各ユニオンの統率者(予知者)視点の物語
5人の予知者に加え、予知者たちの主である“マスター・オブ・マスター”の視点で描かれる
今後のKHシリーズにとって重要なショートストーリーが展開
チリシィのボイスは金田朋子さん
KH3の技術で製作しているため、KH3のカットシーンと同等のクオリティに


■キングダムハーツ0.2 バースバイスリープ フラグメンタリーパッセージ

KHBbSのその後の物語を描いた、KH3へと繋がる完全新作ショートエピソード

ダークシーカー編(KH1~3)最終章のプロローグであり、本作よりKH3の物語は始まる
BbSのシークレットエピソードの直後から開始(アクアが闇の世界でシンデレラ城を見つけた後)
BbSの主人公の1人であるアクアでプレイ、闇の世界を進んでいく物語

ボリュームはKHシリーズの1ワールド分に相当
キャッスルオブドリーム以外のワールドも断片的に登場、各エリア毎に仕掛けを用意
マップは高低差があり、探索しがいのあるものに

KH3の技術で開発しており、KH3のシステムを一部導入
BbSにKH3の要素を加味したハイブリッドなゲームシステムに
キャラクターのデコレーション(外見のカスタマイズ)が可能

バトルはKHやKH2を引き継ぎつつ、BbSの要素も組み込んだ、KH3を踏まえた仕様に(BbSのデッキコマンドではなく、魔法に関してはMP消費式)
魔法は敵に使うだけの要素ではなく、例えば地形を凍らせてその上を滑って移動したりなども可能
KH3にも実装される「シチュエーションコマンド」が使用可能
敵のAIも進化、シャドウが屋根の上を移動するなど、地形を判断して行動するように

難易度は3種類から選択(クリア後に更なる高難易度が開放)
やり込み要素あり(様々な“チャレンジ”を達成することで報酬を入手)
クリア後は一部データを引き継いで最初からプレイすることが可能

ゲームエンジンはKH3同様UE4、ライティングによりグラフィックが劇的に進化
KHBbSがKH0.1的な位置づけだったので、本作は0.2に
エンディングテーマは宇多田ヒカルの“光”


■備考

ダークシーカー編の最終章となるKH3のプロローグ的な位置づけ
KH3DとKH0.2のシナリオは本来KH3のプロローグとして考えていたもので、 KH3D、KH0.2、KH3と繋がっていく
DDDのシークレットムービーを見てから0.2のプレイを推奨、BCはどのタイミングでも可
タイトルの由来は2.6(KH3D)+0(KHχ)+0.2(KH0.2BbS)で2.8
次の作品はKH2.9ではなくKH3(2.9はKH3のプロローグ)
主題歌は本作のために新たにアレンジされた『光 -Ray of Hope MIX-』
PS4Pro対応(4K)
海外では初回版にミッキー&ソラのピンズが同梱

発売日:2017年1月13日(国内)
2016年12月発売予定だったが、近接タイトルとの競合を避けるため翌年1月に延期
全世界同時発売(若干日本が早いが、ほぼ同時期)

予約特典:ミニアクリルスタンド
野村哲也描き下ろしイラスト使用
3種類の中から一つが付属
生産数が少なく、装着率はかなり低め
再入手キャンペーンを後日実施

コラボレーション
WOFFにKH2.8のソラが登場

パッケージ版 国内セールス:約22万本(2019/2)
初回出荷本数:約15万本
発売後4日で13~14万本を販売
・消化率は90%前後に達し、店頭では品切れ続出
・KHHDシリーズ最高の初動に

評価
ファミ通クロスレビュー:34/40(8.9.8.9)
メタスコア:80/100


■開発

ゲームエンジンはKH3同様Unreal Engine 4を拡張して使用
KH3の製作進行には影響のない範囲で製作
開発は予定通りに進行&マスターアップ
本作へのフィードバックはKH3にも反映

KH3のボリュームが大き過ぎたため、KH2後の新たな旅立ちまでの経緯を切り分けたのがKH3DとKH0.2

ライティングやシェーダー、エフェクトなどを今の世代に合わせたものに
ただリアルにするのではなく、ファンタジーをベースにしたKHらしい豪華なグラフィックに


■経緯

2015年09月15日 正式発表
2015年12月19日 ジャンプフェスタ2016に映像出展
2016年06月14日 E3 2016にプレイアブル出展
2016年09月13日 発売日決定(12月から延期)
2016年09月15日 TGS2016にプレイアブル出展
2016年12月17日 ジャンプフェスタ2017に映像出展
2017年01月12日 国内で発売
2017年01月24日 北米で発売


■制作スタッフ

ディレクター:野村 哲也
Co.ディレクター:安江 泰
シナリオディレクター:岡 勝
プロデューサー:西 理江
エグゼクティブプロデューサー:橋本 真司

開発:スクウェア・エニックス 第3ビジネス・ディビジョン


■関連商品

KH0.2 PLAY ARTS改 アクア
発売日:2017年7月8日
Amazon / 楽天

KH2.8 アクリルスタンド
発売日:2017年5月25日
AIR:Amazon / 楽天
BOND:Amazon / 楽天
COMING:Amazon / 楽天

テーマ曲「光(Ray Of Hope MIX)」
配信開始日:2017年1月11日
・全米iTunes総合ページで最高2位(日本人アーティスト最高位)

KH15周年PS4本体&カバー単品

電撃PS Vol.600:野村氏描き下ろし表紙

新型PS4Amazon / 楽天 / 楽天ブックス


■リンク/情報元

公式サイト
KH15周年メモリアルサイト

記事
1/26バージョンアップ
宇多田ヒカル、全米で快挙
ステンドグラス展示レポート (ファミ通)
特集:第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回
海外では初回版にミッキー&ソラのピンズが同梱
試遊レポート:電撃
プレスリリース:発売日・価格決定
プレスリリース:世界同時発売のお知らせ
開発中の夜明けの街のスクリーンショット
プレスリリース
9月17日発売の週間ファミ通に掲載 (ファミ通)

インタビュー
野村哲也氏インタビュー (ファミ通)
野村Dインタビュー (電撃)
野村氏からメッセージ (YouTube)
野村氏哲也インタビュー (電撃)
発売日決定:野村Dからのメッセージ
E3 2016 安江Dインタビュー:ファミ通 / 4Gamer / 動画
E3 2016 野村Dインタビュー:ファミ通 / 電撃 / 4Gamer
野村Dインタビュー (ファミ通)

映像
ファイナルトレーラー (YouTube)
KH0.2BbS オープニングムービー (YouTube)
EGX2016:プレイ動画 (YouTube)
TGS2016トレーラー:日本語版 / 英語版
E3 2016 試遊版プレイ動画 (YouTube)
E3 2016トレーラー (YouTube)
JF2016トレーラー
TGS2015トレーラー (YouTube)
SCEJAプレスカンファレンス2015 (YouTube)



▲Home > KHHD2.8
Today: 3137 Yesterday: 13810