▲Home > 次世代MMORPG

次世代MMORPG

次世代MMORPG

FF11FF14に続く次回作の可能性
旧FF14はFF11のサービス開始から2年4ヶ月後にプロジェクトスタート、8年4ヶ月後にサービス開始
FF11は当初5年のサービスを目処に開発されていたのに対し、FF14は10年以上のサービスを目処に開発
近年、MMORPGは世界的に廃れつつあり、市場規模も縮小傾向にある(FF14は現在もなお好調を維持)

吉田Pが次のMMOは「作っていない」(2018年)、「FF14が元気なうちは会社としても予定していないと思う」(2019年)とコメント
FF14を手掛ける開発部門はFF16(シングルプレイ用)も並行して製作中(プロデューサーは同じだがチームは別)

FF14
WoWから始まった第2世代のMMORPGとして、今後もその完成形を目指す
・新世代へと変化させる予定は無し

次世代MMORPGに対する吉田氏の見解
グラフィックスの水準が上がりすぎていて、ビジネスリスクが高すぎる状態
明るい未来とは言えないが、本当に究極のものをチャレンジして上手くまとめれば、一人勝ちになれる可能性も
世界No1のデバイス数であるスマホへの対応は必須条件
ハードルは物凄く高いが、MMO好きな人たちでチャレンジしていけたらなとは思っている


▲Home > 次世代MMORPG
Today: 3833 Yesterday: 13810