▲Home > FF14
FINAL FANTASY XIV

FF14 最新情報

新生 / 蒼天 / 紅蓮
漆黒のヴィランズ
ジャンル
MMORPG
対応機種
PS3 / PS4 / PC
サービス開始日
2013年8月27日
利用料金
定額制+α
CERO審査
C (15歳以上対象)
開発
スクエニ第5BD
登録アカウント数
1400万以上
プロデューサー/ディレクター
吉田 直樹
リードプランナー
河本 伸昭
アートディレクター
皆川 裕史
技術ディレクター
春日 秀之
リードデザイナー
鈴木 健夫
音楽
祖堅 正慶

パッケージ
機種
発売日
PS3/PC
2013/08/27
PS3/PS4/PC
2015/06/23
PS4/PC
2017/06/20
PS4/PC
2019/初夏

| 公式 | フォーラム | Blog/Twitter | 体験版 | ベンチマーク |

グラフィックス
フィールド
サーバー
UI / コミュ
システム
コンテンツ
開発 / 旧14
過去NEWS

| パッチ/拡張版 | 実装予定 | 関連商品 | リンク |

最新情報(2019/03/24)

概要


特長
MMORPG史上最高のグラフィックス
飛行や水泳も可能な変化に富んだマップ
ワールドレス対応サーバー
グローバルスタンダードを踏襲したUI
プレイヤーコミュニティシステム
歴代FFの要素を最新技術で再現

開発チーム
対応機種
利用料金
ユーザー数/セールス


■無料体験版 / ベンチマーク

フリートライアル(PS4/Windows)
・製品版に引き継ぎ可

紅蓮のリベレーター ベンチマーク (Windows)
64bitOS&DirectX11専用

漆黒のヴィランズ ベンチマーク
・2019年春リリース予定
・ヴィエラのキャラメイクが可能


■新規向けパッケージ(対応機種

FF14コンプリートパック(新生+蒼天+紅蓮)
PS4版:Amazon/楽天
PC版:Amazon/楽天

パッチ

バージョン4.xシリーズ


バージョン4.0(紅蓮)情報まとめ


パッチ4.56 (4.5 Part.2)

公開日:2019年3月26日

メインクエスト 後編
5.0へと続くストーリーに
・暁のメンバーが倒れた理由が明らかに
・「光の戦士」が「闇の戦士」(暗黒騎士)へ

ヒルディブランド外伝 紅蓮編
・『ヨウジンボウ討滅戦』(ファンフェスで先行プレイ)

蛮族エクストラストーリー 紅蓮編
・全ての蛮族クエストをクリア


パッチ4.57

ワールド間テレポ
・同一データセンター内の別ワールドへ移動可能に
・三大都市のエーテライトから移動
・マーケットは購入可、出品不可
・リンクシェルは使用不可

その他
・北米と欧州にDC追加&ワールドグループ再編成


パッチ4.58

4.xシリーズ最後のアップデート

5.0リリース前の各種調整


FF15 コラボイベント

実装時期:2019年4月中旬

FF15の主人公ノクティスが愛車と共にエオルゼアに来訪
・プレイヤーもシフトブレイクが可能に?

マウント:レガリア(車)
・FF14初の4人乗りマウント
・飛行形態への変形も再現

特設サイト / トレーラー

バージョン5.0


ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ

アーリーアクセス開始日:2019年6月28日
正式サービス開始日:2019年7月2日
定価:4,200円+税(CE版:19,800円)
対応機種:PC / PS4


■予約受付開始

通常版
PC版:楽天 / Amazon(限定/DL版) / HMV icon
PS4版:楽天 / Amazon(限定) / HMV icon

コレクターズエディション
PC版:Amazon(DL版)
PS4版:Amazon

予約特典
アーリーアクセス権 / インゲームアイテム


■概要

拡張パッケージ第3弾
新たなプレイヤー種族が追加
新たなジョブが追加
多数の新コンテンツが追加


■プレイ条件

これまでの全シナリオクリア(パッチ4.56実装分まで)が必須
・『漆黒のヴィランズ』には過去の拡張パッケージ(蒼天&紅蓮)が同梱


■メインストーリー

・世界に混沌をもたらす存在“アシエン”との直接対決
・「光の戦士」は「闇の戦士」となり、世界の脅威と戦うため、新たな冒険へ
・超える力で第一世界へ赴き、夜の闇を取り戻すため戦う
・アシエン、ハイデリン、ゾディアークなどFF14の根幹に関わる謎が明らかに

第一世界
・1万2000年前に原初世界から分かれた鏡像世界のひとつ(平行世界)
・光の氾濫によって押しつぶされようとしており、夜が来ない
・第1世界では種族の名称なども原初世界とは異なる

ノルヴラント
・5.0の舞台であり、第一世界の地域の一つ
・エリアは“3国エオルゼア”地域とほぼ対になっている

罪喰い
・光の氾濫を起こし、世界を滅亡させようとしている存在
・罪喰いのせいで、第1世界は天候が変わらず、夜が来ない

登場キャラクター
ソル・ゾス・ガルヴァス:ガレマール帝国 初代皇帝
アシエン・エリディブス:ゼノスの顔を持つアシエン
全能者イノセンス:シナリオ上で重要な役割を担い、大きな秘密も握っている


■新たなエリア

新たなプレイヤータウン:クリスタリウム(動画
・クリスタルタワーを取り囲むように建設された都市
・光の氾濫に抵抗する最後の反抗都市
・旧14の技術デモを再利用?(動画

新たな都市:ユールモア(動画
・富と権力を持つ人たちが怠惰に過ごす街
・形状はリムサ・ロミンサだが、派手で下品
・内部に入れるのは選ばれた者だけで、下の方はスラム街に

ドワーフの街
・ララフェルのみが入れる街(第1世界ではララフェルはドワーフと呼ばれている)
・他種族のプレイヤーは幻想薬(課金アイテム)で種族を変更しないと入れない

新エリア
レイクランド(動画):モードゥナに似た雰囲気を持つ地域
アム・アレーン:傾いた街
ラケティカ大森林:集落では木の上で人々が生活をしている(動画
妖精郷 イル・メグ:妖精王が支配するピクシーの故郷(動画
Kholusia:詳細不明(Steamのストアページに一時記載)

備考
天候が「光の氾濫」に固定、夜も来ない
フィールドは全てフライングマウント対応


■新たなプレイヤー種族

ヴィエラ(動画
・女性専用種族
・FF12(イヴァリース)に登場したウサギのような耳を持つ亜人種
・初期装備はFF12のフランと同じデザイン

ロスガル(動画
・男性専用種族
・ライオンやヒョウのような頭部を持つ獣人
・第一世界ではロンゾ族(FF10)と呼ばれている

どちらの種族も頭装備は表示されない(グラフィックに反映されない)
FF14にプレイヤー種族が追加されるのは5.0が最後


■新たなジョブ

ガンブレイカー(動画
・ロールはタンク
・武器はガンブレード、魔弾による斬撃とアビリティも
・初期レベル60、ジョブクエはグリダニア

踊り子(動画
・ロールは遠隔DPS
・武器は投擲武器、踊りによるアビリティの発動やPTへの支援も
・初期レベル60、ジョブクエはリムサ・ロミンサ
・モーションは男女共通


■バトル

レベルキャップ開放
・レベル上限が80に
・全てのジョブに新アクションが追加

バトルシステムのメンテナンス
・4.0同様、ロールアクションも含めたアクションすべてを再整理(統廃合)
・TPが廃止されMPに統合
・バリアが発生するヒールアクションは、UIでバリアの量が分かるように

多数のバトルコンテンツ
・新たなインスタンスダンジョンが9つ追加


■討滅戦

新たな蛮族
ン・モゥ族 / ピクシー族 / ドワーフ族

討滅戦
蛮神:妖精王ティターニア


■アライアンスレイド(5.1)

ヨルハ:ダークアポカリプス
FF14チームが開発、ニーアのリソースデータを流用
齊藤陽介氏とヨコオタロウ氏がゲストクリエイターとして参加


■高難易度レイド

希望の園:エデン
・光以外の属性が失われた世界に、再度属性の力を取り戻していく
・ゲストキャラクターデザイナーとして野村哲也氏が参加


■新システム

NPCシステム「フェイス」
・メインシナリオ内の全IDはNPC達と共にソロでプレイ可能
・登場するフェイスはアップデートで追加
・FF11と全く同じシステムではない

強くてニューゲーム
・現在のレベルで過去のメインストーリーやジョブクエストを遊べるシステム


■生産

・新クラフト品多数追加
・漁師専用のコンテンツが実装
・農場のような遊びが登場

イシュガルド復興
・クラフター&ギャザラー向けのエンドコンテンツ
・超高難易度レシピも存在、ワールド内の上位数名に与えられる名誉のようなものも
・ストーリーラインも用意
・5.xシリーズ全体を通して継続アップデート


■その他

・2017年より制作開始
・アップデートは定型パターン方式を継続、2パッチに1回は新コンテンツを実装
・グラフィックの水準は紅蓮から変更なし
・飛ぶ、泳ぐに続く新アクションは予定なし
・(MHWコラボで実現できなかった)部位破壊のレーティング申請を行う予定
・Windows 32bit OS 及び DirectX 9版のサポート終了
・定価は前作までの3,800円から400円値上げ

コレクターズエディション内容
天野氏イラストBOX
暗黒騎士フィギュア
ビジュアルアートブック
ロゴステッカー
トランプ
インゲームアイテム3種(ミニオン、マウント、武器)

有料アイテム
マウント:フェンリル(3,000円+税)
・BGMはFF7のバイクミニゲームの曲
・野村哲也氏監修
ミニオン:ティファ(700円+税)
ミニオン:クラウド(700円+税)
ミニオン:エアリス(700円+税)

ティザーサイト
トレーラー:第1弾 / 第2弾
ファンフェスまとめ:北米 / 欧州


5.xシリーズ

ストーリー
・旧14の物語を収束させるハイデリン・ゾディアーク編(仮)のクライマックスの序章に

実装予定項目(時期未定)

アップデート方針
・約1ヶ月毎に中規模パッチ、3ヶ月半毎に大規模パッチ、1年半毎に拡張パッケージをリリース
・1パッチ(大規模)毎に、IDx1~2、討滅戦x1、レイドx1が追加
・偶数パッチ毎にアイテムレベル上限解放(装備更新)
・今後も定型パターンによるコンテンツ実装方式は継続(常に2年以上先までの計画が決定済み)

偶数パッチ
・アイテムレベル上限解放
・メインクエスト
・インスタンスダンジョンx2
・討伐・討滅戦
・8人用レイド

奇数パッチ
・メインクエスト
・インスタンスダンジョンx1
・討伐・討滅戦
・アライアンスレイド

今後の方針
今後のFF14は(MMORPGとしての枠組みに囚われず)オンラインゲームとしてのコンテンツを拡充し、より幅広いユーザーに訴求
・麻雀、青魔道士、ワールド間テレポ、フェイスの実装もその一環


■動作環境 / グラフィック

DirectX12は対応予定なし(対応するメリットがないため)
グラフィックス水準の引き上げ予定は5.0の時点では計画なし
・ユーザー減少や収益に繋がらない可能性も考慮して、慎重に判断


■キャラクター

キャラクタークリエイトに新たなオプションを追加する予定は無し(クオリティや通信量の問題)
・キャラメイクのパターンを増やすよりも、美容室で調整できるパターンを増やす方針

美容室拡張
・新たな髪型がパッチ毎に追加(特定の種族に追加後、次のパッチで全種族に開放)
・新要素追加(お気に入りの登録や試着機能など)


■ストーリー

惑星ハイデリンの謎
・プレイヤーの冒険の舞台である「エオルゼア」は、惑星ハイデリンの大陸の一つ
・惑星ハイデリンは意識と意思を持っていて、その結晶がマザークリスタルと呼ばれる存在に集約
・プレイヤーは冒険者として、そのマザークリスタルに導かれて謎と脅威に立ち向かっていく
・ハイデリンの意識と、ハイデリン全体に何が起こっているのかというのが大きなストーリーに
・拡張パック後も続く、FF14根幹のストーリー

旧FF14(~1.23a)のストーリーの追体験
・再現予定はなし(捨てた旧14のサーバーを作り直さないと不可能)


フリーカンパニー(FC)

大召喚
・コンセプトを変更したものがアメノミハシラに実装
・GvGに実装予定だった初期コンセプトの大召喚は現在も延期中(実装されない可能性も)

フリーカンパニークラフト
・船の製作が可能に
・個人で製作&所有できるようにする予定は無し
・アイテムの一部を1人でも制作可能に

その他
・フリーカンパニーランク開放(開放に伴いカンパニーチェスト拡張)
・フリーカンパニーで行う攻略手帳のようなコンテンツが追加
・カンパニークレジットの獲得手段が増加
・FCの検索や申し込みのUIを実装
同盟システム(2.2以降)


ハウジング

・家の建て直しが可能に(2.2から延期)
・屋根に登るための庭具が追加(検討)
・拡張区の不便さを解消
・アパルトメントは1棟512部屋まで拡張可能
・ハウジングをアカウント単位で共有(サブキャラで使用)可能に

ハウジングエリア
・3.xで実装予定だったイシュガルドエリアはシロガネの次に?

調度品
・実施される季節イベントにリンクした調度品を順次実装
・ミニオンを活用できる家具が追加(検討)
・コンテンツ情報一覧のハウジング欄にエーテリアルホイールの残りチャージ時間を表示(検討)
・一部の入手難易度が高い調度品は撤去しても消滅しないように(検討)
・(クガネの宿のように)外の景色が見られるような窓が追加(実際の外が見られるわけではない)

栽培
・メンテナンス中に作物が枯れてしまう問題への対策(検討)

オーケストリオン
・パッチ毎に20~30曲が追加
音質の改善(抜本的な改修となるため時間がかかる見込み)


■クラス/ジョブ

・(タンク専用マウントのように)特定のジョブを続けている人への“希少価値を持った報酬”を用意
・リミットブレイク:レベル1&2も各ジョブ毎のオリジナルに変更
・クラスとジョブの統合はコストがかかるので、やるとしても5.0以降
・クラフターの追加予定は無し、ギャザラーは追加の余地も

エギの外見変更
・新たな外見が順次追加(ラムウ、セフィロトなど)
・ラムウエギはキャスターエギにしかコピーできないなどの制限有り


■バトル全般

バトルコンテンツ開発担当一覧表

・極タイタンやツインタニアなど一部のコンテンツの即死ギミックを緩和
・(旧14のような)立体的な(高低差のある)バトルフィールドは実装予定無し(バランス調整の問題)
・4人用の中~高難易度コンテンツの実装を検討

リプレイ機能
・パッチによって別のコンテンツに対応
・対応コンテンツが増えるのではなく、入れ替わる形に(デバッグの関係上)


■グランドカンパニー(GC)

・CFで参加できるコンテンツでもカンパニークレジットが入手可能に(2.4から延期)


■モンスター

・過去のFFシリーズからも多数のモンスターが登場
・超巨大なモンスターも登場(動画(後方に巨大な亀))

モンスター図鑑(仮):コレクション要素


■ギルドリーヴ

・傭兵稼業とGCリーヴにアーマリーボーナス(2クラス目以降で経験値ボーナス)が付与


■クエスト

序盤(新生エオルゼア)はクエスト数が多いので、短縮予定

蛮族デイリークエスト
・報酬にマウントの色違いなどが追加


■フィールド

・新たなF.A.T.E.が追加
・自動レベルシンクがオプション設定で可能に
・ジャーナルへの記録(達成状況など)は予定無し(セーブデータ容量の都合上)
・ベヒーモスやオーディンの上位版が登場
・3.0エリアのF.A.T.E.の調整(経験値UP&難易度低下など)
・アチーブメント有りのF.A.T.E.の難易度調整(検討)
・初期エリアの再活性化(過疎対策)はしない方針

モブハント
・新たなリスキーモブが追加


インスタンスダンジョン(ID)

・大規模パッチ毎に新たなIDが追加
・バディの参加が可能に
・タイムアタック要素が追加、ランキングも発表
・8人IDなども検討
・ID開始時にアクションのクールタイムをリセットする予定は無し
・旧14から引き継がれたダンジョンは構造上の問題でハードモードは無し(トトラク、カッター、ゼーメル、オーラム)
・低レベルID(50以下ぐらい)の敵のHPなどを調整

ディープダンジョン
・拡張のタイミングで新たなダンジョンが追加


■討滅戦

・1パッチ毎に必ず1バトル追加


拡張型レイド / エンドコンテンツ

・偶数パッチで8人用レイド実装(ノーマル/零式)
・奇数パッチで24人用レイドと超高難易度レイド(4.1以降)実装
・超高難易度レイド(4.1~)は1拡張につき2回に変更

24人用レイド
クリスタルタワーは少人数でも挑戦可能に
高難易度版は単体ボス戦などの形を検討
24人以上のレイドは不可能
報酬を強化できるようにする予定は無し

8人用レイド
・ノーマルと零式の2仕様は4.0でも継続


PvP

吉田PによるPvP調整方針(2017/02)
・固定PTと野良PTが混在する仕様は今後も継続

ウルヴズジェイル
・FCポイント&クレジットが貯まるように
・ザ・フィーストに新マップが追加

フロントライン
・(制圧戦&殲滅戦の)各国の開始地点をランダムに(検討)
・今後の新コンテンツはシールロック系の路線を継続
・経験値が申請時のジョブに入るようにする予定は無し

その他
・初期構想の攻城戦もいずれは実装される可能性も
・GvG(FC同士の対決)は予定なし

PvPフリートライアル
・PvPを遊ぶためだけのアカウントで、“ザ・フィースト”のみをプレイ


アイテム/装備関連

アイテムレベル
・偶数パッチで上限解放(装備更新が必要に)

新装備
・丈の長い浴衣が追加(検討)
・ユニーク性能はバランス調整の問題で予定なし
・バニー装備が男キャラも着用可能に
・両手剣仕様の斬鉄剣(検討)
・猫耳装備が追加
・アニマウェポンの武具投影用レプリカ(検討)

マテリア
・更なるマテリアクラフトの仕組みを検討
・属性マテリアに新たな使い道を用意

染色
・ID装備は染色不可で、同じグラフィクの染色可能装備を製作アイテムとして追加
・新規に追加される装備(一部)は固定カラー、次のパッチで染色可能という流れに
・武器や盾の色が変更可能に

愛蔵品キャビネット
・収納は他に入手手段がないアイテム限定(ID装備やトークン装備は対応予定無し)

トークン交換装備
・高難易度レイド装備との格差(性能差)は今後も継続
・強化に高難易度レイドのドロップアイテムが必要な仕様も継続

武器防具全書(2.4から延期)
・コンプリートすると、その武器防具の由来が読める


■製作・採集・釣り

製作
・分解スキルのロック(検討)
・クラスターを割ってクリスタル10個、クリスタルを割ってシャード10個になるような仕組みを検討
・マイスター専用アクションの強化、マイスター専用レシピが実装
・スキル回しの練習などが可能に(検討)
・マイスター数の制限は緩和予定なし

採集
・採集手帳を釣り手帳と同様の記載方法に(発見済みの採集場所が表示されるように)(検討)

釣り
・泳がせ釣り中は「警戒」されないように(2.3から延期)
・魚にグラフィックを用意する予定は無し

お得意様取引
・新たな対象NPCが順次追加
・将来的には「おしゃれ系」コンテンツとして発展(特定のNPCをドレスアップしてあげたり、自分のおしゃれ度を測ってもらったりなど)


■マウント・バディ・ミニオン

マウント
・チョコボや魔導アーマーで遊ぶコンテンツが実装(専用騎乗戦コンテンツや仲間とのシェアなど)
・フライングマウントの速度が更に上昇
・フライング中に旋回した際にマウントが傾くように
・蛮族マウントのBGMを各蛮族拠点に変更(検討)
・騎乗システムのBGMをフロントライン(戦闘中)に変更(検討)
・一部マウントの特殊アクションを通常騎乗時でも使用可能に
新マウント:ダルメル(検討)

バディ
・チョコボ以外のバディも実装(大幅延期)
・蛮神装甲を順次実装

ミニオン
・新たなミニオンが随時追加
ミニオンだけは世界観を無視したものも登場(コラボ報酬などでも登場)
・メディアとのタイアップによるプレゼントや、グッズの特典としての配布も
・ミニオンを一定数所持していると獲得できるアチーブメントが追加(検討)


■コンテンツファインダー(CF)

・クロスワールド時にワールド名を表記(検討)
・除名されたプレイヤーが同じPTに補充されないように(検討)
・トークンやルーレットのボーナスの翌日or翌週への持ち越しが可能に(検討)
・DC内PT募集においてもブラックリスト、フレンドリストが使用可能に
・DCを超えたワールドレスなPT募集が可能に(検討)


■ゴールドソーサー

新コンテンツを随時追加
・ポーカーなどのカードゲームを検討

トリプルトライアド
・大型パッチ毎に最低20枚以上のカードが追加
FFポータルアプリとの連携
・現在の大会よりも格上の大会が開催(検討)

ロードオブヴァーミニオン
・観戦モードが追加
・対戦中以外でもHUDの変更が可能に(検討)
LoVMの調整方針について(11/20)


■リテイナー/マーケット

・リテイナーの取引履歴の公開が可能に(検討)
・保存する取引履歴の拡大(検討)
・ギアセットをリテイナーに預けることが可能に
・リテイナーの利便性が向上
・リテイナーに預けているアイテムを直接「武具投影」可能に(特定の場所でのみ可能)


■UI(ユーザーインターフェース)

アドオンUIは開発停止に

インベントリ関連
・せいとん時に同一のアイテムが自動でスタックするように
・買い物やロット時にもリテイナーの所持数を表示(検討)

アイテム関連
・アイテムのロック(保護)機能は開発コストが大きいので後回し

ログ関連
・ログ内の任意のキーワードに対して色が付く、効果音が鳴るなどの設定が可能に(2.2以降)
・他PCの釣り上げた魚の名前や大きさがログに表示(フィルター可)(2.4以降)

リテイナー関連
・リテイナーメニューの改修(2.3以降)
・出品リストのソート機能(検討)
・リテイナーに話しかけると視点が強制的に変わる問題への対応(検討)

ロット関連
・取得済みのマウントやミニオンにはロット不可に
・NEED/GREED/PASSをログに表示する予定は無し

ウィンドウ関連
・装備のプレビューウィンドウが拡大可能に(検討)

その他
・マップの利便性向上(常時表示など)
・開始したリーヴが更に分かりやすくなるように視認性を調整
・LSの並び順が手動で変更可能に
・ネームプレートとチャットログのフォントが変更可能に(検討)
・称号は今後もアルファベット表記固定で、FF11のような日本語に対応する予定は無し
・使用したいエモートをよりスムーズに選択可能に(検討)
・UIのスキン変更機能


■サーバー

クロスワールド対応
コンテンツ:24人レイドなど
機能面:フレンドリスト、Tell、FC&LSの順で段階的に対応

・メガサーバー設計への変更はほぼ不可能
・DCを超えたマッチングは技術的なハードルが高く困難
過疎ワールド対策開始


■その他

楽器演奏
・合奏が可能に(パーティを組んだ状態で合奏モードに入るなどの仕組みを検討)


■拡張パッケージ(6.0以降)

新たな舞台
・FF14は「名前が出た場所には行ける」がポリシー
ガレマール帝国本土:6.0?
シャーレアン本国(旧14時代にスタートタウンとして予定されていた):6.0 or 7.0
月:7.0以降?

新ジョブ
・リクエストの多いジョブは全て実装済み(今後は14オリジナルのジョブがメインに?)
・「獣使い」や「からくり士」はリミテッドジョブ(ソロ専用)としてなら実装可能
・シーフは双剣士として実装済み

その他
・今後のフィールドはフライングマウント前提で設計
・飛ぶ、泳ぐに続く新アクションは予定なし
・今後は今ある体験を使った専用の遊びを作るという方向にシフト
・FF14に続く新たなMMOは作られていない(2018年3月)
・プレイヤー種族の追加は5.0が最後


■実装未定

・敵のAIはガンビット(FF12)で組まれており、コンテンツ限定でプレイヤーが使えるようになる可能性も(チョコボや魔導アーマーの行動カスタマイズなど)
・エリア内のモンスターを一時的にペットにする仕組みは実装済み
・ゴールドソーサーにFF7のミニゲーム「スノーボード」の実装を検討
・タッチパネル対応(未定)
・VR対応はコストがかかるので未定(やるなら別料金に)
・PvPブリッツボール(FF10のミニゲーム)実装
・マントの実装は困難だが「いずれは実現させたい」

実装中止濃厚
システム / コンテンツ


コラボレーション

・FF14は常に数年先まで計画が決まっているため、コラボ決定から実装まで時間を要する
・(FF14側の)PSO2コラボイベントは何をやるかも未確定な状態で当分先に
・FF11との新コラボが決定

過去のFFシリーズのキャラクターに関する方針
オリジナル版(原作)のシナリオや設定を尊重し、慎重に検討
・原作の中で既に死んでいる(例:エアリス)or生死不明なキャラ(例:シャドウ)は出さない
・エオルゼアに訪れて戻っていくシナリオや設定を作れるキャラクターが登場
FF6以前のドット絵時代のキャラを登場させるのは難しい

関連商品


■音楽(詳細

Piano Collections FINAL FANTASY XIV
2019/3/6発売予定:楽天 / Amazon
既存CD収録済み楽曲+新規収録楽曲
アレンジ担当はファンフェスやコンサートでお馴染みのKEIKO

FINAL FANTASY XIV - the BEST:楽天 / Amazon
映像付サントラ(BDM) mp3ファイル同梱
ユーザー投票で選ばれた新生から紅蓮までの約50曲
初回特典:オーケストリオン譜x2

紅蓮のリベレーター オリジナル・サウンドトラック
Amazon(限定) / 楽天ブックス(限定) / 楽天全体で検索
発売日:7月4日 価格:5,000円
パッチ4.0~4.3までの楽曲を収録(100曲以上)
初回特典:アイテムコード

THE PRIMALS
Amazon / 楽天ブックス
祖堅氏バンドの単独アルバム
FF14のアレンジアルバムに収録された楽曲に加え、「RISE」などの新規楽曲が追加

Eorzean Symphony: FFXIV Orchestral Album
Amazon / 楽天
映像付きサントラ(BDM) 全28曲
2017年のコンサートの演奏風景とゲーム内映像をミックス
初回特典:オーケストリオン譜 x2 / 特装デジパック仕様
トレーラー / 究極幻想PV

オリジナルサウンドトラック
Before Meteor(旧14):Amazon / 楽天
A REALM REBORN(2.0&2.1):Amazon / 楽天
Before the Fall(2.2~2.5):Amazon / 楽天
Heavensward(3.0&3.1):Amazon / 楽天 
BD『THE FAR EDGE OF FATE: FF14 OST』
・3.2~3.5までの全50曲
初回限定盤:Amazon限定) / 楽天ブックス限定

公式アレンジアルバム
BD『FFXIV FROM ASTRAL TO UMBRAL』 / 楽天
BD『FFXIV : Duality Arrangement Album』


■書籍(詳細

紅蓮画集 第2弾 - Eastern Memories - Amazon
4.2~4.5のアートを収録
アイテムコード「ミニオン:ニュー・タタル」付属

FF14 光の回顧録 Amazon
FF14初の公式短編集
Lodestoneで公開されたものに加え、書き下ろし4編を加えた全25編
表紙や挿絵は板鼻利幸氏による描き下ろし

Encyclopaedia Eorzea ~The World of FF XIV~ II
Amazon / 楽天ブックス
世界設定本 第2弾
開発チーム書き下ろしによる全8章、304ページ
アイテムコード「マトーヤの帽子」付属

FF14マガジン 新生5周年スペシャル号
Amazon / 楽天ブックス
新生から5年間の記憶と記録を振り返る
吉田Pを含むコアメンバー座談会、TERU単独インタビュー
巻末特典:特製ミニオンステッカー

紅蓮のリベレーター公式画集:Amazon / 楽天
・ミニオン「マメット・ヨツユ」コード付属

FFXIV 公式エンジニア&サバイバルマニュアル:Amazon / 楽天
紅蓮のリベレーター バトルジョブ&ダンジョン公式ガイド

Encyclopaedia Eorzea The World of FF XIV
FF14初の公式世界設定資料集

公式画集:第1弾楽天第2弾楽天第3弾
新生エオルゼア通信:Vol.1 / Vol.2 / Vol.3
電撃の旅団:Vol.1 / Vol.2 / Vol.3 / 蒼天
ギャグコミック:第1巻 / 第2巻 / 3巻(Amazon / 楽天
小説:きみの傷とぼくらの絆
吉田直樹コラム本:第1巻 / 第2巻

その他


■推奨認定製品(詳細

PC:パソコン工房 icon/ Sycom / G-GEAR / G-Tune icon
ディスプレイ:LCD-RDT241XPB / FORIS FS2434
マウス:G300s/G302/G303

ゲームパッド
PS4ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)
・パッチ3.1より公式サポート(PCと繋ぐだけで使用可能)



■グッズ

BRING ARTS エスティニアン
Amazon / 楽天
・痩身長躯である彼のシルエットを追求し、竜騎士の持つクールな佇まいを表現
・鎧の彩色には一部メタリックを混ぜ、ディティールを生かすためにドライブラシを使用
・メタリック部分のツヤを抑え、質感にこだわった仕上がりに
・竜槍ゲイボルグ(翼が開閉)や竜の眼、素顔などのパーツが付属、劇中シーンの再現も可能

FF14グッズ (Amazon)

楽天Edyカード:ヤ・シュトラ(DFFAC)

フードブランケット:チョコボ / モーグリ
ぬいぐるみ カーバンクル:エメラルド / トパーズ
カーバンクルスリッパ


■ドラマ

光のお父さん:Amazon / 楽天
BD3枚組(本編約168分+番外編+特典映像)
特典:メイキング映像他/ブックレット/三方背BOX
書籍版も発売

その他の関連商品

リンク

フィールド
グラフィック
サーバー
UI
コミュニティ
システム
コンテンツ
その他
旧FF14


記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

▲Home > FF14
I II III IV V VI VII VIII IX X XI XII XIII XIV XV XVI
Today: 5762 Yesterday: 9508