▲HOME > FF3

FINAL FANTASY III
ファイナルファンタジー III

オリジナル版 | チャート | 武器 | 防具 | 魔法 | 攻略補足 |

リメイク版 | チャート | 武器 | 防具 | 魔法 | 攻略補足 |

製作
スクウェア
発売日
1990年4月27日
機種
ファミリーコンピュータ
価格
8,400円
メディア
4M bitROM
ジャンル
RPG
ディレクター
坂口博信
ゲームデザイン
田中/青木
プログラム
NASIR GEBELLI
グラフィック
石井浩一
イメージイラスト
天野喜孝
音楽
植松伸夫

関連作品
機種
発売日
価格
備考
DS
2006/08/24
5,980円
3Dリメイク
スマホ
2011/03/24
1,400円
DS版の移植
PSP
2012/09/20
3,990円
DS版の移植

| 概要 | キャラクター | 用語解説 | システム | 開発 |

| 3Dリメイク版 | 関連商品 | リンク |

最新情報(2016/09/30)

特徴

・ファミコンの性能を極限まで使ったグラフィック
・22種類の職業による「ジョブチェンジ」システム
・「ジャンプ」や「みやぶる」などの個性的なジョブ専用コマンド
・大迫力の召喚魔法
・浮遊大陸から始まり、地上世界や海底世界、闇の世界へまで及ぶ壮大な世界観
・自由度の高いゲーム展開
・いつでも会話が可能なサブキャラクターが多数登場
・着水、潜水、変形、援護射撃、山脈ジャンプなど、様々な性能を持つ飛空挺が多数登場
・アイテムを預かってくれるデブチョコボが登場
・モーグリが初登場

備考

ROM容量が4Mbitに増加(前作の2倍)
FFシリーズ初のミリオンセラーを記録
・アレンジアルバム『悠久の風伝説』(1990年5月発売)はオリコン初登場17位を記録
『オリジナルサウンドトラック』は1993年(FF5発売後)に発売
・キャッチコピーは“最後の壮大なドラマ”
ワンダースワンカラーで2Dリメイクが進められていたが、発売中止に
PS2で3Dリメイクが途中まで進んでいたが、最終的にニンテンドーDSで発売
・2D時代のFFシリーズ(FF1~6)の中で2Dリメイク版が発売されていないのはFF3のみ


■販売価格

定価:8,400円
・ROM容量の倍増に伴い、前作の6,500円から大幅に上昇
・直前に発売されたドラクエ4よりも100円安い価格に設定(ROM容量はドラクエ4と同等)


■セールス

販売本数:約140万本
・FFシリーズ初のミリオンセラーを記録(スクウェアとしては『魔界塔士サガ』に続く2本目のミリオンセラータイトル)
・定価が大幅に上がったにも関わらず、前作(76万本)の2倍近くを売り上げた。
・品薄にまでは至らず、発売から数ヶ月後には大手量販店で3,980円で売られるなど一部で値崩れも見受けられた。
発売当時のハードの価格:14,800円(ファミリーコンピュータ)

・DS版は、FFシリーズのリメイク作品としては初の国内ミリオンセラーを記録
・iOS/Android版も長期に渡り好調なセールスを続けている。


■評価

ファミコン通信クロスレビュー:36/40(9.9.10.8)
・前2作に比べ1点高くなっている。シリーズ初の10点をつけたレビュアーも。
・ジョブチェンジシステムの評価が高く、バトルも前作に比べ好評、親切設計のUIを評価する声も。
・一方で、セーブ不可の長いラストダンジョンが批判を浴びている。
比較:FF2/35 FF4/36 DQ4/37 サガ2/33

ファミコン通信増刊号クロスレビュー:24/40(7.5.8.4)
・過去の名作RPGを再評価するという企画(FF3の発売から1年弱後に掲載)
・本レビューでは浜村氏も参加、7点を付けている
・4点を付けたレビュアーはラストダンジョンを痛烈に批判


■リメイク

ワンダースワンカラー版(発売中止)
・FF1、FF2に続き、FF3も2Dリメイクが進められており、正式発表と共に画面写真も公開されていたが、発売中止の明確なアナウンスもないまま立ち消えに
・DS版発売後、田中弘道氏がWSC版が発売されなかった理由として「ROM容量が足りなかった」「ハードが普及しなかった」ことなどを挙げている
スクリーンショット

PS2版(開発中止)
・3Dリメイクが途中まで進んでいたが、未発表のまま開発中止に(DS版発売後のインタビューで明らかに)
・発売中止の理由は「完成に導けるだけの開発スタッフが確保出来なかったため」(田中氏)

DS版
・任天堂がDSの立ち上げにあたりFF3の移植をスクエニに依頼、これを受け16年ぶりにFF3が復活
・田中氏&浅野氏は別の機種(PS2?)向けに3Dリメイクを企画していたが、手違いにより彼らの知らないところでDSでの制作が決定
・任天堂のプレス向けイベントで河津氏が制作決定を告知したが、田中氏らはこれを知らされておらず、急遽DS向けに開発がスタート


■バーチャルコンソール

Wii:2009/07/21
3DS:2014/04/23
配信価格:500円


■他作品への登場

『ディシディアFF』シリーズにオニオンナイト(たまねぎ剣士)、暗闇の雲がプレイアブルキャラクターとして登場
FF14「クリスタルタワー」が登場、FF3のボスや装備、BGMが再現

主要キャラクター(FC版)


光の4戦士

ウルの長老トパパに育てられた4人の孤児。クリスタルの啓示を受け、世界を救うため旅立つ。

サラ・アルテニー サスーン国王女 性別:女 年齢:21歳  「もう、鈍いんだから。もう少しあなたと一緒にいたいの!」

サスーン国王ダウの一人娘。武術にも通じている、お転婆姫。王国秘蔵の武具を無断で持ち出し、
国王を困らせることも多い。カズスの村長から贈呈されたミスリルの指輪をいつも身に着けている。

シド・ヘイズ 貿易商(飛空挺の第一人者) 性別:男 年齢:64歳  「わしの愛しい婆さんが待っておるんじゃ!」

カナーンに住む、冒険好きで発明狂の老人。飛空挺の持ち主であり、発明者でもある。

デッシュ 古代人 性別:男 年齢:不明  「あの塔に行かなければ…運命が俺を待っている!」

記憶喪失の風来坊。二枚目の外観とは裏腹に、楽観的な性格。女好きで、世界中で浮名を流している。
カナーンに住むサリーナとは恋仲。後に記憶が蘇り、オーエンの塔の監視人としての使命を果たす。

エリア・ベネット 水の巫女 性別:女 年齢:15歳 出身地:ダルグ大陸  「闇を振り払い…この世界に再び平和を…。さようなら……」

水のクリスタルに仕える巫女。大地震による大陸の沈没により昏睡状態に陥っていた。
クラーケンが放った呪いの矢から光の戦士達を庇い、矢に貫かれ絶命。

アルス・レストー サロニア国王子 性別:男 年齢:10歳  「父上の遺志を継ぎサロニアを…いや、サロニアだけでなく世界中を平和にしてみせます」

サロニア国王ゴーンの一人息子。身分の差に関わり無く誰にでも優しく接し、国民からの信頼も篤い。
国王に成りすました怪物によって城を追い出されていたが、後に父の意思を継ぎサロニア王に。

ドーガ 大魔道師 性別:男 年齢:不明 出身地:ダルグ大陸  「わからずやめ…それなら、これでどうだッ! わしを倒さねばお前が死ぬぞ!!」

超魔道師ノアの弟子で、魔法の第一人者。ノアから強大な「魔力」を授かった。
ウネと共に光の4戦士に力を託し死亡。後に魂となって再び光の戦士達を救う。

ウネ 夢の世界の番人 性別:女 年齢:不明 出身地:ダルグ大陸  「肉体は滅んでも魂は滅びはしない…」

ドーガ、ザンデと同じくノアの弟子。ノアに与えられた「夢の世界」を守護する魔道師。
ノアのリュートによって、千年に及ぶ長い眠りから目覚めた。

ザンデ 魔王 性別:男 年齢:不明 出身地:ダルグ大陸  「暗闇の雲はもう既に…世界は闇に包まれるのだ…」

超魔道師ノアの弟子の一人。
ノアから与えられた「人間としての命」に不満を持ち、闇の力を求め、世界を闇に包もうとする魔王となる。

闇の4戦士  「さあ、世界を無に還えそうとする者を消し去ろう! 光と闇の希望で!!」

1000年前の「光の氾濫」を喰い止めた4人の戦士。闇の世界を守るべく、光の戦士達と共に暗闇の雲に立ち向かう。
暗闇の雲がダーククリスタルから得た闇の力を抑えるため、暗闇の雲の中へと飛び込み、消滅。

暗闇の雲  「闇を氾濫させ、この世界を、そしてお前たちの光の世界をも無に還すのだ…!」

光の力が弱まり、闇の力が増大したことによって生まれた意思体。
闇の氾濫によって、光と闇の両方の世界を「無」に還そうとする。


用語解説


クリスタル
世界をつかさどる4大元素(火・水・風・土)をコントロールしている4つの水晶。自然界のバランスはクリスタルの輝きによって保たれている。

魔法
怪我の治癒や殺傷の手段として用いられる力。元は分類されていなかったが、かつて起きたサスーンとサロニア間の戦争において、サスーンが黒魔法、サロニアが白魔法を生み出し、二極化した。

召喚魔法
オーブの持つ力により、冥界の精霊を戦闘用モンスターとして呼び出す魔法。

古代人
数千年前に絶滅した種族。超文明を築き上げ、機械を操り自然の法則を打ち破っていた。

ドワーフ
身長は低いが俊敏で戦闘に長けている種族。野蛮ではなく、人間と比べて信心深く純情。

モーグリ
草食性の哺乳類。背中の翼により浮遊が可能。洞窟を好む。

暗黒剣
暗闇の恐怖を克服した者だけが扱える「負の力」。使いこなせる者は少ない。

インビンシブル
攻撃能力や山をも越える動力を持つ巨大戦艦。古代文明が築き上げたオーバーテクノロジーの頂点。

エウレカ
サスーンとサロニアを自滅に追いやった究極の殺戮魔法が封印された禁断の地。


ゲームシステム


■プレイヤーキャラクター

・ゲーム開始時に4人分の名前を入力(デフォルトネームはなし)
・前作とは異なり公式設定の名前なども存在しない(後にリメイク版で命名)
・4人はFF1同様“光の戦士”として一括りにされ非個性的だが、FF1とは異なり4人全員が一部のイベントで会話を行う(喋る)


■ジョブチェンジ

ジョブ
・戦士や魔道士など、キャラクターが持つ固有の特性
・各ジョブ独自の専用コマンドが使用可能

ジョブチェンジ
・何時でも何処でも現在のジョブを他のジョブに変更できるシステム
・状況に応じたパーティを即座に編成可能
・レベルやパラメータのリセットやダウンなどは一切無し
・既存のRPGの職業システムとは異なり、場所を選ばずデメリット無しで気軽に変更可能

キャパシティ:ジョブチェンジに必要なポイント。戦闘で獲得。必要量はジョブによって異なる。
熟練度:ジョブ経験値。攻撃効果や命中率に影響。高いほどキャパシティ消費量が下がる


■ワールドマップ

・浮遊大陸、外世界、海底など、複数のワールドマップが登場
様々な性能を持つ飛空挺が多数登場(着水、潜水、変形、援護射撃、山脈ジャンプなど)


■バトル

・FF1、FF2と同様のターン制コマンドバトル

先制攻撃:開幕1ターン、敵に対して一方的に攻撃可能
バックアタック:隊列が逆の状態で開幕1ターン行動不能

防御中の被ダメージは通常の1/4(防御実行前に受けたダメージは通常と同じ)
逃走中の被ダメージは通常の数倍

・ダメージや回復の数値がメッセージウィンドウではなく、キャラクターやモンスターに重ねて表示されるように
・コマンド入力後、そのキャラのターンが回ってくる前にターゲットが消失すると、自動で別のターゲットに移行するように


■魔法

・黒魔法(敵に攻撃)、白魔法(味方を回復・強化)、召喚魔法(モンスターを呼び出す)の3系統
・町の魔法屋や宝箱などから入手したオーブを装備することで使用可能に(取り外しや交換も可能)
・3系統それぞれに8段階のクラスが設定、ランクが高いほど強力だが、最大使用回数も少ない
・魔法の効果はキャラクターのレベルに依存


■サブキャラクター

・冒険の途中で仲間に加わるNPC
・仲間のNPCとはいつでも会話が可能。ヒントをくれることも
・戦闘には参加しない


■BGM

・ROM容量の倍増に伴い曲数が前作までに比べ大幅に増加(約2倍)
・バトルBGMは効果音枠でドラムを鳴らしている。
・本作の“オープニングテーマ”は、後にFFを代表するテーマ曲(FFのテーマ)としてシリーズの伝統に
・本作よりラスボス専用BGMが実装


■その他

・本作はダンジョンの最深部からゲームスタート、ダンジョンをクリアするとオープニングへ
・キャラクターの成長はFF1と同様の経験値&レベルアップ方式に回帰
・セーブはワールドマップ上なら何処でも可能
・クリスタルの形状は、これまでのシリーズでは球体だったが、本作以降は多面体の形状が主流に

仕様(ファミリーコンピュータ版)

メディア:ロムカセット
容量:4Mbit*ROM + 64KbitSRAM
バッテリーバックアップ(セーブ枠:3箇所)
品番:SQF-FC
定価:8,400円(税別)

*4Mbit = 512kb/0.5MB

ROM容量比較
2M:FF1 / FF2 / ドラクエ3
4M:FF3 / ドラクエ4
8M:FF4

開発エピソード

・ROMカートリッジの性能向上(容量増加、MMC3チップ搭載)により、前作までに比べグラフィックやサウンドが大幅に向上
・“召喚魔法”はFF1の頃から構想があったもので、本作でようやく実現

・本作は田中弘道氏らが中心となって制作(前作を手掛けた河津氏はサガを手掛けるためFFシリーズの開発から離脱)
・石井浩一氏が全ジョブのデザインとドット打ちを担当、アビリティシステムや召喚魔法も考案
・SE(効果音)は伊藤裕之氏がゲームボーイで制作(敵を斬る時の特徴的なSEも同氏によるもの)、時田氏も参加
アップルタウン物語のBGMが一部シーン(アムルの酒場で弾けるピアノ曲)で使用

・FF3完成後、開発チームはFF4の開発にとりかかるものの、紆余曲折の末、聖剣伝説2として発売。
・FF1~3までを手掛けた田中氏と石井氏は、FF11までシリーズの開発から離れることとなる。
FF11の世界観はFF3をベースに、FF1~3の様々な設定を再構築したものとなっている。

ラストダンジョン
・前作に続き、本作もクリアするためには2つのダンジョンをノーセーブで連続突破&ラスボスを撃破する必要がある。(本作では更に中ボスが複数配置)
・開発段階ではラストダンジョン内にセーブポイントが存在していたが、テストプレイヤーに「難易度が低い」と指摘されたため、坂口Dが削除。この影響で最終セーブポイントからゲームクリアまでに必要な時間が非常に長くなり、雑誌のレビューなどで批判を浴びた。この反省を活かし、以降のFFシリーズはダンジョン内にセーブポイントが配置されるように

テストプレイヤー
・当時は、前作のソフト(封入)のアンケート(葉書)回答者から複数のユーザー(子供)をテストプレイヤーとして選出し、フィードバックを得ていた。この試みはFF6まで続けられた。

その他
・坂口氏はFF3の発売後に鳥嶋和彦氏(※)から1時間に渡り「FF3がつまらない理由」を説かれた。(キャラクターに魅力がないことなど)
※集英社の編集者(後の編集長)で、堀井氏をゲーム業界に導きドラクエ誕生に一役かった人物

メイン開発スタッフ(敬称略)

ディレクター
坂口 博信 (バトル)
ゲームデザイン
田中 弘道 (システム全般/UI)
ゲームデザイン
青木 和彦 (ダンジョンマップ/モンスターデータ)
シナリオ
坂口 博信/青木 和彦/寺田 憲史
メインプログラム
ナーシャ・ジベリ(NASIR GEBELLI)
バトルプログラム
吉井 清史/樋口 勝久
メイングラフィック
中田 浩美
キャラクターグラフィック
渋谷 員子
オブジェグラフィック
石井 浩一
ビジュアルコンセプト
天野 喜孝
コンポーザー
植松 伸夫
サウンドエフェクト
伊藤 裕之 / 時田 貴司
プロデューサー
宮本 雅史

DS版

ファイナルファンタジーIII
ファイナルファンタジーIII

機種:ニンテンドーDS
発売日:2006年8月24日
価格:5,980円
メディア:1Gbit(128MB)ROM
Wi-Fi通信対応
| 公式サイト | 廉価版 |

| 攻略チャート | 武器 | 防具 | 魔法 | ジョブ・攻略補足・裏技 |

■特徴

・グラフィックは2Dから3Dへ
・主人公の4人に個性を付加
・ジョブバランスの調整
・後にスマートフォンでも発売

ファミ通クロスレビュー:34/40


■販売状況

国内出荷本数:99万本
北米出荷本数:46万本
欧州出荷本数:48万本
国内廉価版:5万本


■ジョブチェンジ

・DS版は「すっぴん」からスタート、「たまねぎ剣士」は隠しジョブ(Wi-Fi通信必須)に
・ジョブの扱いは全て同等となり、自分好みのパーティーで最後まで行けるように
・各ジョブのオリジナルコマンドに新たなコマンドが追加
・CPが廃止され、いつでもジョブチェンジが可能に
 (数回戦闘しないと能力を最大限に生かせないペナルティ期間が追加)


■ストーリー・キャラクター・世界観

・オリジナルのストーリーは変更無し、世界設定や各キャラクターのエピソードなどが一部追加
・主人公は3人の男の子と1人の女の子で、性格設定や生い立ちが語られるなど個性が追化
・キャラクターの個性付けは田中氏がFC版の頃から考えていたもので、リメイクにあたり坂口氏にも相談
・サブキャラクターは、たまにバトルに乱入し手助けしてくれるように(5人パーティ制にする案もあったが、ハードのスペックの問題で断念)


■グラフィック

・フルポリゴンによる3Dグラフィック
・オープニングにムービーを使用
・イベントシーンではカメラワークによる演出も
・FC版では同一だった各ジョブのグラフィックが、DS版は4人分存在
・フィールドや街では上の画面にマップを表示、ダンジョンではマップは非表示


■バトル

・テンポの良さを重視して作られており、オリジナル版には及ばないものの、3Dバトルとしては早め
・戦闘時のモンスター同時出現数は最大3体に減少、これに伴い敵1体の強さが強化
・「逃げる」状態の際に受けるダメージが4倍から2倍に減少


■システム・ゲームバランス

・ゲームバランスはかなりハードで、オリジナルでは弱かったボスも大幅に強化
・タッチペンでもプレイできるが、十字ボタンなどの従来の操作方法でもプレイ可能
・回復の壺やテレポ使用可能エリアなどは増加
・ダンジョン内にセーブポイントなどは設置せず、ラストダンジョンの長さもオリジナル版と同様
・エンカウント率が若干低下
・中断機能追加


■音楽

・植松伸夫の原曲を、関戸剛・河盛慶次の2人がアレンジ
・オープニングムービーは植松氏による作曲


■追加要素

・モンスター図鑑追加 音楽鑑賞は無し
・隠しボスや「たまねぎ剣士」、追加武器などの新要素はWi-Fi通信(他人とのワイヤレス通信)が必須


■製作スタッフ(敬称略)

エグゼクティブプロデューサー/ディレクター:田中 弘道 (FF1-3・11)
プロデューサー:浅野 智也 (旧エニックス)
バトルバランス監修:青木 和彦 (FF3・7・9・CC)
アートディレクター:相場 良祐 (FF11)
キャラクターデザイン:吉田 明彦 (FFT・12)
イメージイラスト:天野 喜孝
音楽:植松 伸夫(原曲・監修)/関戸 剛・河盛 慶次(編曲)
監修:石井 浩一 (FF1-3・11)
シナリオ本編/NPCセリフ:エッジワークス
開発:株式会社マトリックス (PS2版DQ5)


■本体同梱版

ファイナルファンタジーIII クリスタルエディション
価格:22,780円(税込)
1万台限定生産
「ニンテンドーDS Lite」同梱
・シリアルナンバー&タイトルロゴ&吉田明彦描き下ろしイラストが刻印された特製仕様


■廉価版

アルティメットヒッツ ファイナルファンタジーIII
発売日:2008年10月23日
価格:2,940円


■関連商品

DS版FF3公式コンプリートガイド
DS版FF3オリジナルサウンドトラック
FF3トレーディングアーツミニ

スマートフォン版

対応機種:iOS/Android
発売日:2011年3月24日/2012年3月1日
価格:1,400円(税込)
DL累計:40万弱(iOS版)

ダウンロード | iOS版 | Android版 | Amazon |

DS版の移植
・グラフィックが高解像度化
・通信は非対応に(アイテムはオフラインで入手可能に)
・「マスターカード」が新デザインで追加
・低価格で販売予定だったが「ゲームとしての価値を落とさないため」高めに変更(販売開始価格は1,800円)

PSP版

ファイナルファンタジーIII
ファイナルファンタジーIII

発売日:2012年9月20日
対応機種:PSP
UMD版:3,990円(税込)
DL版:3,300円(税込)
CERO:A(全年齢)

| 公式サイト | 発売中 |

DS版をベースにスマホ版の新要素が一部追加、PSP版オリジナル要素も
・グラフィックはPSPの画面比率16:9に合わせて再調整(高解像度化)
・本作の発売により、FFナンバリングシリーズの全てがPSプラットフォーム対応に

PSP版オリジナル要素
・通常の2倍の速度で戦闘を行う「オートバトル」機能
・オリジナル版(FC)のBGMに切り替えるオプション
・イラストやBGMを閲覧できる「ギャラリー」
・マルチランゲージ(本体設定の変更が必要)
・通信必須だったDS版の追加要素が通信なしでも開放可能

国内出荷本数:8万本

トレーラー(YouTube)

PSP版FF3 公式コンプリートガイド

関連商品


■音楽
ファイナルファンタジーIII オリジナル・サウンド・ヴァージョン

FC版『FFIII オリジナルサウンドバージョン』 / iTunes
全44曲 オリコン初登場68位 作曲:植松伸夫
1&2のCDとは異なり、オリジナル(モノラル)のまま収録
・FF3発売当初はサウンドトラックはリリースされず、アレンジCD(悠久の風伝説)が発売(本作はFF5の発売後にリリース)

DS版『FFIII オリジナル・サウンドトラック』 / iTunes
アレンジ:関戸剛/河盛慶次 原曲/監修:植松伸夫
・ボ-ナストラックとしてTBMによるファイナルバトルのロックアレンジ版などを収録
・特典DVD:プロモ/OP(5.1ch)/開発者インタビュー(田中/植松/他)



ファイナルファンタジーIII 悠久の風伝説
アレンジアルバム 全7章 オリコン初登場17位
作曲/アレンジ:植松伸夫 脚本:寺田憲史 ボーカル:dido
・FFシリーズ初のアレンジアルバム
・ボーカル2曲は植松伸夫による書き下ろしの新曲
・混声合唱曲なども収録
FINAL FANTASY III オリジナル・サウンドトラック DS版 (DVD付)

FINAL FANTASY 1987-1994
全16曲 オリコン初登場60位
・アレンジCDのベスト盤 「悠久の風伝説」から3曲収録
特別盤:植松伸夫エッセイ集封入

『PIANO OPERA ファイナルファンタジー I/II/III』
・植松氏監修によるピアノ・アレンジアルバム



FINAL FANTASY SONG BOOK まほろば
全10曲 ボーカル作品集 作曲/アレンジ:植松伸夫 ボーカル:清田まなみ
・「故郷の街ウル」収録

Distant Worlds music from FF
・「FFI~IIIメドレー2002」収録

THE BLACK MAGESIII Darkness and Starlight
・「暗闇の雲」(ファイナルバトル)収録

FFオーケストラコンサート in ロサンゼルス
・「The Rocking Grounds」(バトル1)収録

ディシディアFF オリジナルサウンドトラック
・「悠久の風」「バトル2」「最後の死闘」(全てアレンジバージョン)収録


■書籍
ファイナルファンタジーIII 公式コンプリートガイド

DS版攻略本
『DS版 FFIII 公式コンプリートガイド』
『DS版 FFIII 公式ファイナルガイド』
『DS版 FFIII Grand Prologue』

FC版攻略本(NTT出版/絶版)
『FFIII 第1巻 基礎知識編』 設定資料
『FFIII 第2巻 完全攻略編(上)』 OP~水のクリスタル
『FFIII 第3巻 完全攻略編(下)』 アムル~ED

漫画(角川書店/絶版)
悠久の風伝説 1 / 悠久の風伝説 2 / 悠久の風伝説 3
原作:寺田憲史 作画:衣谷遊
・「マル勝ファミコン」で連載されていたFF3の漫画を収録

楽譜
FF1・2・3全曲集 楽しいバイエル併用

設定資料
『FF 20thアニバーサリーアルティマニア File1:キャラクター編』
『FF 20thアニバーサリーアルティマニア File2:シナリオ編』
『FF 20thアニバーサリーアルティマニア File3:バトル編』


■その他

FFIII トレーディング アーツ ミニ
DS版FFIIIメインキャラクターのフルカラー・トレーディングミニフィギュア
すっぴん(ルーネス)/赤魔道士(アルクゥ)/ナイト(イングズ)/竜騎士(レフィア)魔剣士(レフィア)/魔人(レフィア)/導師(レフィア)

FF:THE ADVENTURE BIBLE(DVD) 生産終了

リンク

FC版 | 攻略チャート | 武器 | 防具 | 魔法 | ジョブ・攻略補足・裏技 |
DS版 | 攻略チャート | 武器 | 防具 | 魔法 | ジョブ・攻略補足・裏技 |

▲HOME > FF3
Today: 10803 Yesterday: 10516