▲Home> FF7R2

過去のニュース

前作開発秘話:1~6 / 7~11 / 12~16 / 17~18

TGS2022に映像出展(既出映像)

開発インタビュー:ファミ通 / 電撃 / 4Gamer / Gamer

FF35周年:北瀬氏&野村氏コメント

『ファイナルファンタジーVII リバース』正式発表
アナウンスメント トレーラー / 英語版 / ファンの反応
公式サイト / 25周年サイト

FFVII 25th アニバーサリー セレブレーション / YouTube
放送日時:2022年6月17日(金)午前7:00~
25周年に関連した様々な最新情報が公開
情報が盛り込まれた10分程度の動画に(野村氏コメント

動画:FF7FS生放送(5/18)に野村氏出演
FF7FSに「バハムート震」が登場
FF7FSに「バハムート烈」が登場
FFオリジンに「海底魔晄炉」が登場

FF7 25周年:北瀬氏&野村氏メッセージ / 記念ロゴ

FF7FS生放送
今年FF7リメイクに関する続報を発表予定
今年スクエニは様々な発表や発売が集中しており、FF7Rの続報も含めて順番待ち状態

北瀬P年末年始コメント
「FF7Rで再始動したFF7の世界は2022年も益々拡大していきます」

スクエニ第2四半期決算説明会概要
(今後の新作HDゲームは)各年度に偏りなく発売予定だが、開発状況によっては変更も

2021年9月会社説明会概要より
大規模開発を進めているDQ12やFF7R関連のプロジェクトにて、よりクオリティの高い作品作りを目指すべく、人材を広く募集中

小説著者:野島一成氏インタビュー

英語:浜口氏&鳥山氏インタビュー / Part.2
ユフィはヴィンセントほどバックストーリーが固まっていなかったため、インターの主役に抜擢
ユフィはインターでの悲劇を乗り越えて登場するので、今後のクラウド達との出会いもより魅力的なものに
ウータイは神羅に対抗するもうひとつの勢力として重要な役割を果たしている
ウータイはミッドガルから離れているため行けるのはしばらく先になるが、そこまでの過程でまた新たな側面が描かれるかもしれない

野村氏インタビュー(2021/5/25)
FF7FS番組で野村氏がFF7Rの続編についてコメント(動画
野村氏インタビュー(2021/3/17)
野村氏インタビュー(2021/2/26)

FF7R基調講演で2作目に関するトークも
北瀬氏「オリジナル版を知っているからこそ、次の拠点はどうなるんだろうといった思いが皆さんにあるはず。1作目で僕らがどういうものを作ろうとしているのかある程度理解していただけたと捉えているので、その期待に応えることと、良い意味で裏切ることをやっていきたい」

北瀬Pから新年の挨拶
北瀬Pの2021年の抱負と近況:ファミ通 / 4Gamer
動画:PSアワード受賞 北瀬Pコメント
海外インタビュー:TG / HR
FF7R召喚獣システム開発裏話

外部サイト / 情報元

公式Twitter
FF7R&FF7関連作 / 海外
第1開発事業本部PR

1作目に関する記事・インタビューなど

週間ファミ通2020/8/6号(7月22日発売)
・開発スタッフインタビュー掲載

週間ファミ通2020/4/23号(4月9日発売)
・FF7R発売記念70ページ特集

FF7リメイク アルティマニア
2020年4月28日発売:Amazon / 楽天
・開発スタッフインタビュー掲載

FF7リメイク マテリアル アルティマニア プラス
2021年7月15日発売:Amazon / 楽天
・次回作の伏線と思われる場面のボイス収録台本を鳥山Co.Dへのインタビューと共に初公開

ストーリー考察(オリジナルや前作のネタバレを含む)

以下はアルティマニアや開発インタビューで判明した情報と、それに基づいた推測

パラレルワールド
「FF7Rはオリジナル(原作)を上書きするものではなく、オリジナルがあってこその新しいFF7」(野村氏)
リメイク本編中に、オリジナル版のこの先の展開がフラッシュバックするシーンが複数登場
FF7リメイクプロジェクトは原作世界を含め複数の平行世界が存在している、または原作からループしている可能性がある

フィーラー(運命の番人)
オリジナル版とは異なる展開になろうとしたり、命運が変わろうとした際に、それらを強制的に軌道修正しようとする存在
1作目の終盤で完全に消滅したため、2作目からは1作目以上にオリジナル版とは異なる展開が待ち受けている可能性も

ビッグス生存
オリジナル版ではプレート落下で死亡していたと思われるビッグスが、リメイクのエンディングで生存している
・フィーラーの消滅により、命運が変化したものとみられる

ザックス生存
原作では敗死していた神羅の追手達との戦いに勝利(リバースのトレーラーではクラウドと共にミッドガルに帰還するシーンも)
・「今回(1作目)のシナリオに仕掛けた謎に関する最大の見せ場」(野村氏)
忠犬スタンプのデザインが異なることや、バスターソード絡みで齟齬が発生することから、リメイクとは別の世界線である可能性も

エアリス
「エアリスはFF7リメイクの中では最重要人物」「彼女の一言一言が後々大きな意味を持ってくる」(野島氏)
「エアリスには隠された設定が盛り込まれている」「(1作目では)僅かに出てくる程度」(開発)
・未来を予知する能力を持つ、または原作の記憶を引き継いでいる、あるいは別の世界線の記憶を持っている?
エアリスと触れ合ったマリンやレッドXIIIが何かを感じ取ったような描写が存在(彼女と接触することで記憶の断片か何かが見える?)

セフィロス
リメイクにおいて最も謎の多い人物の一人だが、エアリス同様、またはそれ以上に原作の記憶を明確に持っている可能性が高い
ラストバトル後のクラウドとの会話については「言葉通りに受け取ってください」(野島氏)
ラストバトル後の会話の一人称が「私」ではなく、(オリジナル版では豹変するまえの一人称である)「俺」となっている


▲Home> FF7R2
Today: 5246 Yesterday: 7592