▲Home > FF7リメイク 最新情報

2017/02/18更新
ファイナルファンタジーVII リメイク

対応機種:PS4
ジャンル:RPG
発売日:未定
価格:未定
CERO:審査予定

[公式サイト]


■最新情報

最新スクリーンショット (ファミ通)
・カバーアクションの要素が導入

FF7大雪像引き渡し式リポート (ファミ通)
野村氏「体制を強化して制作を進めていますのでご心配なく」

キービジュアル公開
PLAY ARTS改 FF7リメイク 発売

過去のニュース / FF12HD最新情報


■概要/特徴

FF7PS4でリメイク
・グラフィックだけでなく、物語やバトルにも手が入ったフルリメイク作品
・オリジナル版の密度を保ちつつ内容を補完したボリュームでリメイクするため、分作に


■グラフィックス

・PS4の性能に合わせグラフィックが劇的に進化
・PSX2015のPVの新規映像は(プリレンダではなく)全て実機映像(動画
・カットシーンもリアルタイム描画(シームレスでゲームプレイに突入)

キャラクター
・パーティメンバー全員のビジュアルをリニューアル
FF7ACよりもリアル寄りに(リアルとデフォルメのバランスを細部に至るまで調整)


■ストーリー

・ストーリーの再調整
・エピソードをより深く掘り下げる他、仕掛けなども用意
・オリジナル版をプレイ済みのユーザーでも、もう一度驚きが味わえるものに
・コンピレーション作品(AC〜DC)の設定を活かし、全体の厚みと繋がりを強化するような描写を追加
・アバランチの3人(ビッグス、ウェッジ、ジェシー)は背景を掘り下げるような描写を追加
・クラウドが幻聴を聴く演出は、より意味を持った形に
・女装やデートイベントも再現(当時とは社会情勢が異なるので慎重に対応)


■バトル

・シームレスバトル
・リアルタイム性の強い、アクション寄りのバトル
・キャラクターの育成や、装備や魔法などのカスタマイズによる戦略性も重視
・よりリアルタイム性を増しながらも、従来の持つ戦略性を両立させたバトル

・バトルのスピードやテンポ感はAC版ディシディア
・アクションの度合いはディシディアやKHシリーズよりも低め
・テクニックを要するアクションではなく、新システムを駆使して戦略を考えながら戦うアクションバトル

・3人のメンバーを自由に切り替えて戦うことが可能
・ATBゲージやリミットブレイクなどの要素も進化させつつ継承
・ATBはアクション性に繋がる新システムに(ゲージが赤くなるのがヒント)
・他にも特有のシステムがあり、プレイヤーによって戦い方に違いが出る仕組みに


■その他

・グラフィック以上にゲーム性を重視
・オリジナル版では行けなかった場所を探索することも可能に
・蜜蜂の館のエピソードなど、皆の思い出にあるものまで無くしたりするような変え方はしない
・印象的なミニゲームは実装(全てを最新技術で作り直すかは未定)

ボイス
・基本的にはフルボイス
・キャストはFF7ACに登場したキャラは続投予定
・レッドXIIIの市村氏は友情出演だったので変更の可能性大

分作
・1作では完結せず、分作でリリース
・オリジナル版の密度を保ったままHDリメイクするため、1作では収まらないボリュームに
 ・1作に収めようとすると多数の要素をカットしてFF7のダイジェストにするしかなくなる
・今作ならではの描写が追加されるなど、全体的なボリュームはオリジナル版よりも増加

タイトル
・『ファイナルファンタジーVII リメイク』が正式タイトル
・サブタイトルを付けると外伝や続編のような印象になるので、わかりやすさを重視

未確定情報
・全3部作で、1作がFF13に相当するボリューム(30時間以上)
・FF15よりも遥かに短いサイクルで開発する予定


その他
・2017年はFF7が20周年(FFシリーズ30周年)を迎えるので、何らかの企画を検討中


■開発

オリジナル版の主要スタッフが製作
・オリジナル版とは異なるアプローチで時代に合ったものを製作
・フルリメイクするからこそ可能になる面白さに挑戦
・FF7らしさを出しながらも驚きのあるものを目指して製作
・10年も前の作品であるFF7ACの3Dモデルを再利用することはない
・CC2など複数の制作会社の協力を得て開発

ゲームエンジン(開発ツール)
Unreal Engine 4を使用(開発陣にUE3の経験があったため)
・同じくUE4を使用しているKHチームからの技術提供・協力も予定
ルミナススタジオはまだ完成していないなので本作では非使用

開発状況(2017年1月)
・制作は着実に進んでいるが、発売はもう暫く先に
・内外スタッフの合流にズレが生じたが、現在は解決に向かっている
・待たせている分、期待に応えるものに仕上げる予定
・今年はイベントに合わせて新情報を公開予定
・FF30周年イベントへの(野村氏の)参加予定は無し

▼過去の開発状況

2016年10月
・大きく変化したバトルシステムについて詳しく伝えるために、完成度を高めている段階
・情報解禁はWOFF〜KH2.8の大作ラッシュが落ち着いた後

2016年6月
・暫く情報を出していないが製作は着々と進行
・次回の情報公開に向けて具体的な仕込中(小出しにするのではなく一気に)

2015年12月
・ようやくスタート地点に立てたという段階
・バトルは構想はあるもののゲームに落とし込むにはまだ時間がかかる見込み
・1作目のメインシナリオは野島氏が既に完成させている
・今後は横道やキャラクターの掘り下げを充実させていく
・2016年はKHHD2.8WOFFが控えており、次の情報公開はそれらが一段落ついてから

2015年9月
・バトルに関しては戦略と手触り含め、こだわって磨き続けている

2015年8月
・ビジュアルの方向性は見えてきており、バトルシステムなどは試行錯誤しながら詰めている状態

2015年6月
・本格的な製作までは進んでいないが、期待を裏切らないものが確実に進行中
・ミニゲームは企画を確認している段階

たたむ


■経緯

過去のリメイクに関する経緯

2014年--月--日 製作開始
2015年06月16日 E3 2015 PSカンファレンスにて発表
2015年12月06日 PS Experience 2015にて最新映像公開


■制作スタッフ

ディレクター:野村 哲也
シナリオ:野島 一成
バトルプランナー:高橋 光則
メインキャラクターデザイン:野村 哲也
サブキャラクターデザイン:Ferrari Roberto
プロデューサー:北瀬 佳範
エグゼクティブプロデューサー:橋本 真司

開発協力:サイバーコネクトツー、他


■関連商品

PLAY ARTS改 FF7リメイク
クラウド:Amazon / 楽天
バレット:Amazon / 楽天


■リンク(情報元)

公式サイト
FFシリーズ30周年記念サイト
FF7(PS1版)最新情報

記事

スマホタイトルコラボキャンペーン
FF30周年イベントレポート (ファミ通)
1作目のメインシナリオは既に完成 (ファミ通)
開発にUnreal Engine 4を採用
プレスリリース:正式名称決定&新PV公開
野村氏によるクラウド誕生日記念イラスト (Twitter)
リメイクへの要望アンケート(回答者:89人) (マイナビ)
FF7リメイクはPS4世代で確実に勝つためのゲーム
FF7のレビューやプレイ動画を再掲載 (電撃)
SCEWWS吉田修平氏インタビュー:ファミ通 / 4Gamer
PSカンファレンス詳報:impress / ファミ通
株:FF7発表でスクエニHDが年初来高値 (Yahoo!)
初公開:ファミ通 / GW / 電撃 / 4Gamer
プレスリリース

インタビュー
2017/01 野村氏インタビュー (ファミ通)
2016/10 野村氏インタビュー (電撃)
2016/06 野村氏インタビュー (ファミ通)
海外:北瀬Pに10の質問
PSX2015 北瀬&野村インタビュー:ファミ通 / 電撃
目指すクオリティについて北瀬Pが語る (YouTube)
スクエニ松田社長インタビュー
FF7キャンペーンサイト2015 winter
2015/09 野村氏インタビュー (ファミ通)
UKのPS公式雑誌に野村氏インタビュー翻訳
スクエニ松田社長インタビュー (ファミ通)
E3 2015:野村氏&橋本氏インタビュー (ファミ通)
E3 2015:野村Dインタビュー詳細版:電撃 / 4Gamer
E3 2015:野村Dインタビュー簡易版:ファミ通 / 電撃

映像
PSX 2015 トレーラー / 英語ボイスVer
ティザートレイラー(E3 2015) (YouTube)

その他
PS4新CM「「決断を迫る山田・総理篇」 (YouTube)
UE採用タイトル紹介映像2016 (YouTube)
新PV公開時のPSX会場の様子 (YouTube)
PSX2015 (YouTube)
E3スクエニカンファレンス:橋本P登場 (YouTube)
発表時のE3会場の様子 (YouTube) / 別視点
PSカンファレンス中継シアターの反応 (YouTube)
発表時の海外メディア生放送 (YouTube)
PSカンファレンスでの発表シーン (YouTube)
発表時の海外ファンのリアクション2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8



▲Home > FF7リメイク  
Today: 7650 Yesterday: 12851