▲Home > FF14 > 世界観・物語

FINAL FANTASY XV
ファイナルファンタジー XV

世界観
都市国家
種族
キャラメイク
クラス・ジョブ
ステータス
システム
カンパニー
ギルドリーヴ
バトル
装備・修理
生産・採集
コミュニティ
UI・設定
過去の記事

世界観



■冒険の舞台

「エオルゼア」と呼ばれる大地が最初の舞台
「エオルゼア」は地方の名前で、世界全体の名前は「ハイデリン」

「ハイデリン」という言葉は一般人は認識してすらいない
・あの世や宇宙など、世界の外を認識して初めて用いられる言葉
プレイヤーにとっての世界であり、最初の舞台となるのは「エオルゼア」


■エオルゼア

三大州と呼ばれる、陸橋で地続きになった三つの大陸のひとつ、アルデナード大陸と周辺の島々
(古代ギリシアのポリスのように)都市国家が点在、互いに争ったり協力したりして歴史を刻んできた
これらの都市国家に、更に強大で先進的な文化を誇る都市国家共同体「ガレマール帝国」が迫りつつある(ペルシア戦争前夜に似た状況)

エオルゼア6大都市
リムサ・ロミンサ、ウルダハ、グリダニア、イシュガルド、アラミゴ、シャーレアン

歴史
エオルゼアには十二神の内の一柱を各々の守護神とする、6大都市が存在。
戦乱の時代が続いていたが、15年前に東の大国ガレマールがアラミゴを陥落させたことにより、他の都市は軍事同盟を締結し、平和な時代を迎えた。
現在は“冒険者”の時代となっている。


■冒険者

プレイヤー自身。
蛮神とガレマール、二つの脅威にさらされたエオルゼアで、不思議な力を得る。

目覚めた力「過去を追体験する能力」
・冒険者を含め、選ばれた人たちが持つ能力
・過去に起きた事象・真実を見る、体験できる能力
・未来を変えられるわけではないが、過去を知ることで現在の状況をより深く認識できる


■ストーリー・演出

ゲームを開始した国家それぞれのシナリオで進行、中盤から3つのシナリオが集約、一つの大きなストーリーに
カットシーンはFF11よりも更に豪華に
一部の重要なイベントシーンは英語ボイスによる演出も

相棒
・メインクエスト上におけるプレイヤーのパートナー
・プレイヤーが選択(種族や性格など)
・相棒の活躍により、生産職でもメインクエストを進めることが可能

第七霊災
・開発体制&方針変更により、これまでの(FF14の)世界と物語は一旦終わらせる(区切りを迎える)ことが決定
・新生でMAPを一新するため、FF14の世界にメテオが落下し崩壊させることに(FF7のオマージュ?)
・ゲーム内では落下に至るまでの経緯が描かれ、落下自体は旧14のサービス終了直後にプリレンダムービーでWeb公開(動画


■開発(体制変更前)

SFではなく王道ファンタジーだが、中世ファンタジーのFF11とは異なる、モダンなファンタジー(ハイ・ファンタジー)
リアルさよりも派手さを追求 ファンタジーをもっと美しく作っていくコンセプト
クリスタルは全6種類、“魔導アーマー”的なものも登場

世界設定:岩尾 賢一
・FF11のワールドプランナー。ヴァナ・ディールという世界を石井Dと共に創生。
・かつてはバイオハザード(1作目)のシナリオや世界設定を手掛けたことも。

メインストーリー:佐藤 弥詠子
・FF11のシナリオライター。ウィンダスミッションやプロマシアのメインストーリーを担当。
・シャントットやプリッシュなどの個性的なNPCの生みの親でもある。


▲Home > FF14 > 世界観・物語
Today: 2324 Yesterday: 13810