▲Home > DFFNT 最新情報

2017/08/18更新

ディシディア ファイナルファンタジー NT

対応機種:PS4
発売日:2018年1月11日(木)
ジャンル:パーティ対戦型アクション
価格:7,800円+税
レーティング:審査予定


■最新情報

予約開始:Amazon
初回生産特典:WoLのスキン&フォーム
Amazon限定:クローズドβテスト参加券

クローズドβテスト日時決定

過去のニュース / AC版


■概要/特徴

ディシディアFFシリーズ最新作
3vs3の対戦型アクション
オリジナルストーリーが追加


■ストーリー

AC版で描かれなかった物語が明らかに
PSP版での戦いの、遥か先の出来事
PSP版で物語は完全に終わっているのに、なぜAC版で神々の闘争が起きているのか、などが明かされていく
AC版とPS4版は同じ世界(AC版でユーザーが戦っている理由が判明)
スピリタスとマーテリアの闘争の理由なども描かれる

神々の闘争
熾烈なる破壊神 スピリタス CV:高橋一生
凛然たる庇護神 マーテリア CV:真野恵里菜

キャラクター
PSP版では原作(FF1等)の世界の記憶を失っていたが、今回は記憶がある状態
殆どのキャラクターが原作をクリアした後の状態なので、自信満々で迷いがない
PSP版の出来事も覚えているので、キャラクター達は初対面ではなく“再会”という形に
PSP版ではあまり描けなかったFFキャラの掛け合いや個性を強く出したストーリーに
クラウドはアドベントチルドレン後なので、彼を含む一部のキャラはストーリー中の衣装がAC版と異なる


■キャラクター

プレイアブルキャラクターは20体以上
FF15のノクティスも操作可能に

ウォーリア オブ ライト(FF1) タイプ:HEAVY
・MMORPGのタンクのような位置づけで、仲間を守りながら戦うキャラクター
・専用EXスキル「ホーリーチェーン」は敵のターゲットを自分に集める効果

ガーランド(FF1) タイプ:HEAVY CV:石井 康嗣
・攻撃を当て続けると「ソウルオブカオス」によりブレイブ攻撃が段階的に強化
・攻め続けることで自身を絶えず強化状態にしておくことが可能

フリオニール(FF2) タイプ:HEAVY
・多彩な武器を使いこなす、玄人向けのキャラクター
・空中戦は苦手だが、地上戦においては圧倒的な手数と攻撃範囲を持つ

皇帝(FF2) タイプ:SHOOT
・戦況に応じた多様なトラップを仕掛けて敵を翻弄し、徐々に追い詰める
・EXスキル「いんせき」は長時間敵を拘束&存在自体がトラップとして機能

オニオンナイト(FF3) タイプ:SPEED
・軽い身のこなしと手数の多さが特徴
・物理と魔法、どちらかを当て続けると忍者か賢者にジョブチェンジ

セシル(FF4) タイプ:HEAVY
・暗黒騎士とパラディンの2つのジョブで戦えるキャラクター
・暗黒騎士は地上戦、パラディンは空中戦に秀でている

カイン(FF4) タイプ:SPEED
・リーチの長い槍を使った攻撃を得意とする竜騎士
・高い機動力に加えて、近〜遠距離攻撃にそれぞれ対応した技を持つ

バッツ(FF5) タイプ:UNIQUE
・「ものまね」が廃止、1技1ジョブというコンセプトのキャラに
・侍なら銭投げの後に刀で斬るなど、FF5の戦い方を再現

エクスデス(FF5) タイプ:UNIQUE
・クセのない近接&牽制攻撃が使える
・3種類のモードチェンジで自身の強化や敵へのデバフ付与を行う

ティナ(FF6) タイプ:SHOOT
・魔法主体のキャラクター
・攻撃停止中に魔力がチャージされ、魔法が強化

ケフカ(FF6) タイプ:SHOOT
・奇妙な動作と予測不能な攻撃で相手を翻弄
・ボタン溜め押しで変化する技が多く、魔法の距離や軌道を操ることが可能

クラウド(FF7) タイプ:HEAVY
・安定感があり使いやすく、初心者向けのキャラクター
・全ての攻撃が溜め可能、溜めることで威力や射程が強化

セフィロス(FF7) タイプ:HEAVY
・長刀から強烈な攻撃の数々を繰り出し、隙のない追撃を行う
・EXスキル「ジェノバ」は範囲内の移動速度を低下させる

スコール(FF8) タイプ:SPEED
・ガンブレードは攻撃を当てる瞬間にトリガーを引く要素を踏襲
・専用EXスキル「ドロー」は敵から魔法を吸収し自身のパラメータを上げる効果

ジタン(FF9) タイプ:SPEED
・移動速度や攻撃速度に優れたキャラクター
・戦場を撹乱しつつパラメータやブレイブを奪うことが可能

クジャ(FF9) タイプ:SPEED
・魔法キャラでありながら、高い機動力による近接戦が得意
・EXスキル「ソウルディバイダー」を繰り返すと「トランス」状態に

ティーダ(FF10) タイプ:SPEED
・ダッシュやステップを駆使したトリッキーな攻撃で敵を翻弄するキャラクター
・EXスキル「クイックトリック」によるダッシュゲージ回復で切れ目のない攻めを展開

シャントット(FF11) タイプ:SHOOT
・強力な魔法攻撃を連発する“SHOOT”タイプのキャラクター
・EXスキルは自身が巨大化し、広範囲にブレイブ攻撃を放つ

ヴァン(FF12) タイプ:UNIQUE
・HP攻撃に特化したキャラで、2種類のHP攻撃をセットすることが可能
・EXスキル「ドレッドノート」はブレイブ上昇&一定時間ブレイブの数値が固定

ライトニング(FF13) タイプ:SPEED
・アタッカー(近接戦)とブラスター(遠距離戦)を切り替えて戦う(ヒーラーは無し)
・ブラスターで魔法をバラ撒き、アタッカーで突っ込んでいく時間差攻撃が特徴

ヤ・シュトラ(FF14) タイプ:SHOOT CV:茅野 愛衣
・魔法で敵を弱体化させつつ、遠くから封殺していく戦い方が得意
・ブリザラの跡で敵をバインド、ストーンで移動速度低下付与などFF14を再現

ラムザ・ベオルブ(FFT) タイプ:UNIQUE CV:立花 慎之介
・2種のEXスキルを持ち、ゲージを任意に蓄積させることが可能
・自己強化の「叫ぶ」や味方強化の「応援」など、戦況に応じた判断を要する

エース(FF零式) タイプ:SHOOT CV:梶 裕貴
・カードを武器に戦うキャラクター
・カードの効果によっては戦局を大きく動かすことも可能


■召喚獣

イフリート(地獄の火炎):炎の召喚獣。ブレイブ攻撃を強化。
シヴァ(ダイアモンドダスト):氷の召喚獣。ブレイブ基本値に関する能力を向上。
ラムウ(裁きの雷):雷の召喚獣。バフ系EXスキルの使い勝手が向上。
オーディン(斬鉄剣):誇り高き騎士。移動に関する能力が向上。
リヴァイアサン(大海嘯):水の召喚獣。デバフ系EXスキルの使い勝手が向上。
アレクサンダー(聖なる審判):光の召喚獣。ブレイブとHPの守りを強固にする。


■バトル

AC版と同様の3vs3のパーティバトルが基本
PS4版だけのオリジナルのシステムも
オフラインでもプレイ可能

操作
・PSP版のシステムに準拠
・難しいコマンド入力は不要で、簡単に迫力ある技を繰り出すことが可能

EXスキル
・FFシリーズお馴染みの魔法や必殺技
・キャラ毎に2つまで装備、キャラ固有の「専用EXスキル」は別個に1つ装備
・汎用のEXスキルは20種類以上

召喚獣(動画
・バトル前に召喚獣を選択(マルチの場合はパーティ内投票で決定)
・召喚ゲージを使用(詠唱時間は詠唱する人数が多いほど短縮)
・召喚に成功すると4人目の仲間として一定時間フィールドに残留

ステージ
・ステージ数は10以上
・ほどよく高低差があり、空中戦と地上戦がバランスよく起こるシステムやマップに
・FF7のステージではメテオが落下、FF10のステージで海に浸かると移動速度が低下
・フィールドギミックや極端な構造のステージは今回は無し

キャラクターのタイプ
HEAVY:近接攻撃が得意
SPEED:移動速度が早い
SHOOT:遠距離攻撃が得意
UNIQUE:特殊

難易度
・対戦が苦手なプレイヤーでも楽しめるものに
・難易度選択可

ネットワーク対戦(マルチプレイ)
・オンラインマッチング&ローカルマッチング両対応
・PS Plusへの加入(有料)が必要
・メインはクラスマッチ(強さに応じたマッチング)
・ランクマッチだけでなくカスタムロビーを用意
・簡易チャットによる意思疎通が可能(ボイス付きの定型文)
・ボイスチャット対応
・通信はP2P方式(AC版はサーバークライアント方式)
・オートマッチングは通信環境が良好なところ同士で繋がる
・AC版ユーザーとはマッチング不可
・観戦モードも検討

その他
・PS4ならではのパーティゲーム感覚で遊べるルールが追加
・3vs3以外の対戦(1vs1など)も任意で可能


■ゲームシステム

ストーリーモード(マップ攻略などのRPG要素)はなく、あくまで対戦がメイン
対戦を重ねていくことによって新たなストーリー(カットシーン)がアンロックされていく型式

成長要素(カスタマイズ)
・対戦の結果に応じて経験値やギルを入手
・レベルアップによりHP攻撃やEXスキルの種類、使用可能な召喚獣が増加
・ギルによって衣装や武器などを購入することが可能

称号
・特定の条件を満たすことで入手

アップデート
・発売後もアップデートでキャラクターなどが追加
・アップデートはAC版が先行、その後一定期間を置いてからPS4版に反映

その他
・コレクション的なモードも検討


■その他

グラフィックス
・品質はAC版と全く同一(AC版もPS4基盤を使用しているため)
・フレームレートは60fps固定(カットシーンは30fps)
・PS4 Proでは解像度が向上
・汚れの表現あり(ダメージを受けると装備の角が折れたり汚れが付いたり)
・アナザーフォームあり

ユーザーインターフェース(UI)
・現在のUIはAC向けに最適化したものだが、家庭用版はもっとシンプルなものになる予定

BGM
・前作までを手掛けた石元氏を中心に、関戸氏や河盛氏も参加
・これまでの楽曲に加え新曲が追加、原曲も多数

その他
AC側からある程度のデータ引継ぎ(連動)を検討
・称号やBGMなど

タイトル
・新しい物語(New Tale)、新しい挑戦(New Trials)などの意味を持つ
・野村氏が最初に発案した「ニュータイプ」の頭文字を取ったものに
・タイトルロゴは天野氏による新規描き下ろし


■クローズドβテスト

応募期間:2017年8月8日〜8月20日
・応募期間中にPS Storeから応募券をダウンロード
・応募者が定員を超えた場合は抽選

実施期間:2017年8月26日〜9月4日
・一部のキャラクター(14人)でcβ専用モードをプレイ


■開発

・コーエーテクモゲームスのTeam NINJADOAシリーズ等)との共同開発
 ・PS4版の発売日に伴いスタッフを増強
・シナリオライターはFF7やFF10を手掛けた野島一成

・アーケード(AC)版の企画当初からPS4での発売も踏まえて開発
・AC版は筐体にPS4を使用、PS4版はPSNを介しての接続に
・AC版をベースに、ストーリーなどのオリジナル要素が追加
・AC版とは両方で楽しめる、並走できる関係性に

・AC版の稼働から1年後に発売予定だったが、運営面で想定以上に苦労したため、2年後の発売に
・野村氏はPSP版のようなストーリー中心のゲームを想定していたが、鯨岡Dの意向により“今回は”対戦メインのゲームに
 ・PSP版にあったRPG要素をPS4のクオリティで作るには膨大な時間が必要なため

北米Amazonがリーク、その直後に公式生放送で正式発表
・家庭用ではPS4独占タイトルに
・2018年初頭に全世界同時発売
・AC版は国内展開のみだったため、海外では初のリリースに

開発状況(2017年6月)
・PS4版独自の部分の進捗は40%
・続報はAC版の大会(〜7/16)以降のタイミング


■経緯

2015年02月14日 JAEPO2015にてAC版発表
2015年04月10日 AC版 発表会開催
2015年11月26日 AC版 稼働開始
2017年06月07日 PS4版発表
2017年06月13日 E3 2017にプレイアブル出展


■制作スタッフ

ディレクター:鯨岡 武生
キャラクターデザイン / クリエイティブプロデューサー:野村 哲也
シナリオ:野島 一成
コンポーザー:石元 丈晴 / 関戸剛 / 河盛慶次
プロデューサー:間 一朗

開発:コーエーテクモ Team NINJA / スクエニ第4BD
開発協力:SCEJA


■関連商品

アーケード版ディシディアFF公式キャラクターガイド
・全15キャラ(ラムザ含む)の技を連続写真で紹介
・特典アイテムコード付属

DISSIDIA FINAL FANTASY -Arcade- サウンドトラック
CD2枚組
・ロンドン交響楽団×アビー・ロード・スタジオで収録した新規楽曲も収録(動画
・アップデートで追加されたFFTの楽曲も収録
初回生産特典:ゲーム内で使用可能なBGM2曲のダウンロードコード

歴代キャラクター楽天Edyカード

ディシディアFF ウォールスクロール

プレイアーツ改 DFFスコール


■リンク

公式サイト(PS4版)

公式ブログ
公式Twitter
特設サイト:ファミ通 / 電撃
タイトー

記事
基本システムとキャラの一部 (4Gamer)
E3ステージイベントレポート
E3番組で実機プレイ披露
E3スクエニ配信
ニュースリリース:DFFNT発表
AC版の記事


インタビュー
プレイレポート&間Pインタビュー (4Gamer)
野村氏インタビュー (電撃)
E3インタビュー:ファミ通 / 4Gamer
AC版のインタビュー

映像
チュートリアルトレーラー (YouTube)
E3:ゲームプレイ映像 (YouTube)
ティザートレーラー (YouTube)
AC版の映像



▲Home > DFFNT
DFF / DDFF / DFFAC / DFFNT
Today: 4749 Yesterday: 6487