▲Home > FF14 > オマージュ

FINAL FANTASY XIV

ファイナルファンタジーXIV - 歴代FFシリーズ

フィールド
グラフィック
サーバー
UI
コミュニティ
システム
コンテンツ
その他
旧FF14

過去のFFシリーズとの関連性

「FFシリーズのテーマパーク」がFF14のコンセプトの一つ
歴代FFシリーズの要素を、最新のグラフィックスとFF14の世界観で再現

FFはこれまで1作毎に世界観やシステムなど全てを一新するコンセプトを貫いてきたが、本作は過去作品のオマージュが多数
・吉田PはこれまでのFFに対し「“これがFFである”とするエッセンスを意図的に排除し過ぎている」「ファンサービスが足りてない」と感じていたため

代表的なオマージュ(一部)
FF1:マトーヤの洞窟/カオス/WoL
FF2:ジャイアントビーバー
FF3:古代の民の迷宮/クリスタルタワー/闇の世界/ザンデ/暗闇の雲
FF5:図書館/次元の狭間(オメガ/神竜)/エクスデス
FF6:魔導アーマー/魔大陸/三闘神/ドマ国/魔列車/ケフカ
FF7:リミットブレイク/マテリア/ゴールドソーサー/ルビーウェポン
FF8:トリプルトライアド/エデン
FF10:ロンゾ族
その他:FF零式(髪型)/チョコボの不思議なダンジョン(チョコボ)

FF11
元FF11チームの大半が開発に参加しているため、非常に多くの要素が継承されている
一方で吉田PはFF11に携わったことはなく、ゲームデザインやコンセプトも全く異なる
種族の外見は野村哲也氏らが手掛けたFF11のデザインを継承
ヴァナ・ディールとは無関係であることが明言されていたが、4.xシリーズではFF11に関連するサブストーリーが展開
4.xシリーズより登場した“禁断の地エウレカ”はFF11などの旧世代MMORPGをFF14内で再現したコンテンツに

FFT / FF12
吉田Pが松野氏のファンであり、元松野組の前廣氏やFF12チームの一部が参加しているため、世界観を含む一部の要素が引用されている。
4.xシリーズのレイドダンジョン“リターン・トゥ・イヴァリース”は、イヴァリースの生みの親である松野氏がシナリオを担当

装備
クラウド(FF7)装備一式:2年課金の報酬、野村氏監修
セッツァー(FF6)装備一式:ゴールドソーサー報酬、野村氏監修
※クラウドやセッツァーは野村氏が発案したキャラクター

BGM
(クリスタルタワーなどのオマージュ系コンテンツに限らず)全編に渡りFFのアレンジ曲が多く使用されている
植松氏が手掛けたFFシリーズの楽曲を祖堅氏がアレンジ(原曲がそのまま使用されている場面も)

モンスター
雑魚からボスまで、FFシリーズに登場したモンスターが数多く再登場(特にFF11が多く、一部はモデリングを流用)
魔列車など原作のシチュエーションを再現しているボス戦も

その他
シリーズの伝統を打ち破るオマージュも幾つか登場
FFは知名度の高い名称が剣に集中しているため、(今後のシリーズを見据え)これまで剣だったラグナロクはあえて斧として実装
FF14は装備に特殊プロパティが付かないため、ブラッドソードなどもHP吸収効果のない普通の武器として登場
FF1からの伝統で旧14にも存在した“属性”の概念が一時廃止されていたが、特定のコンテンツ限定で復活

過去のFFシリーズのキャラクターに関する方針
オリジナル版(原作)のシナリオや設定を尊重し、慎重に検討
・原作の中で既に死んでいる(例:エアリス)or生死不明なキャラ(例:シャドウ)は出さない
・エオルゼアに訪れて戻っていくシナリオや設定を作れるキャラクターが登場
FF6以前のドット絵時代のキャラを登場させるのは難しい
吉田PはFF7のレッドXIIIをマウントとして登場させようとしたが、生みの親である野村氏に「希少種のレッドXIIIが大量に存在するのは世界観的におかしい」と止められている。
2017年より、エクスデスやケフカなどが「(本人そのものではなく)過去の伝承や別次元の伝聞を元に創りだした想像の産物」という設定で登場
・ディシディアのモデルを(野村氏の許諾を得て)使用

FFシリーズを含む他作品とのコラボレーション

フィールド
グラフィック
サーバー
UI
コミュニティ
システム
コンテンツ
その他
旧FF14


▲Home > FF14 > オマージュ
Today: 873 Yesterday: 9416